zoom q3があるなら録音も録画も簡単出来る。

zoomq3の画像

こんにちは。ドラム講師の山本哲也です。

ここは当ブログの管理人である山本哲也(やまてつ)についてのプロフィールになります。管理人がどんな人間かここで紹介しています。

バンド練習でも個人で練習する場合も、録音や録画というのは重要です。

なぜかと言うと、自分の演奏を客観的に聴くには録音したものを聴く以外に方法がないからです。

その時自分が自信を持って演奏していても、あとになって録音したものを聴いてみるとリズムがヨレていたりスネアが鳴ってなかったりダメなところが見えてきます。

リズムがヨレているなどは「音」で判断できそのあとはクリックに合わせて練習していけば改善していきます(個人差によりますが)。

しかし「スネアが鳴ってない」とか「バスドラムが聴こえない」など、
「音」ではわかっていてもそこからどうすればいいのか?ってのは「録音」だけではなかなかわかりづらいですよね?

そこで今日は「録音」よりも自分を客観的に見る方法として、「録画」について触れていきます。

スポンサーリンク

フォームは「音」ではなく「眼」で判断する

当たり前の話ですが、大体「音」を出せないというのは多くの場合フォームやセッティングに問題があります。

セッティングやストロークは「音」では判断ができないので、「眼」で判断します。

実際、自分でどういうセッティングでどういうフォームでたたいているのか客観的に見てみないとわからないものです。

そこで重宝するのが録画もできるハンディレコーダーです。

値段相応の働きぶり

これは自分がレッスンやバンドのリハや個人練習、そしてこのブログにちょくちょく載せてるYouTubeの動画を撮るときに使っています。

正直、値段は結構しますがその分それに見合った働きをしてくれます。

ボタン一つで録画ができて、パソコンにUSBで接続すれば映像をYouTubeにアップしたりファイルをバンドメンバーに送ることもできます。

もっとも動画ファイルの場合だと容量が重いためメールでは送りづらいので、こちらのサイトを使っています。

音質も自動で調整してくれますので、音が割れるなどはあまりありませんので安心して使っていけます。

これは壊れるまで使っていくでしょう(笑)レコーダーを何買おうって迷っていたらぜひ、試してみてくださいね。

本日も最後まで読んでくださいまして、ありがとうございました!

*ドラムレッスンを東京近辺で展開中!!無料レッスン受付中!!*

現在、東京都内(主に新宿、秋葉原)を中心にレッスンをしています。 レッスン形式 レッスンは貸しスタジオでのレッスンとなります。 スタジ...

P.S
2017年3月追記
現在はQ3の後継機としてQ4nが発売されています。
興味のある方はこちらをクリックしてみてください。

スポンサーリンク

シェアする

フォローすると更新情報を見逃しません

スポンサーリンク