3連符のアクセント移動をやってみよう

こんにちは。ドラム講師の山本哲也です。

ここは当ブログの管理人である山本哲也(やまてつ)についてのプロフィールになります。管理人がどんな人間かここで紹介しています。

このブログでは主にドラムの基礎練習を中心に取り上げ、それを何で練習した方がいいのかを自分の視点を含めて書いています。

ただ、「こんな練習があるんだ!ふーん・・・。」って感覚でやるのと、どうしてこれを練習するのかを理解してからやるのとでは取り組み方も習得速度が全然違います。

とは言ってるものの、先日ブログを見直したらこれ取り上げるの忘れた!っていうものが多すぎてビックリしています(笑)

前置きが長くなってしまいましたが、今日は以前にご紹介したアクセント移動の3連符バージョンを取り上げてみたいと思います。

スポンサーリンク

1拍ごとに手順が変わる

やり方に関しては以前に紹介したやり方です。

右手左手(左利きなら左手右手)と交互に叩き、アクセントはしっかりと、それ以外は音量を抑えます。

アクセント移動の練習には他の初心者ドラマーと差がつく要素が満載です。この記事ではアクセント移動を練習するメリットや練習する際の注意点を書いています。フレーズの幅を広げたいとかダイナミクスを使い分けたいと思うドラマーは一度読んでみてください。

ただし、今回は3連符というのがミソです。

シングルストロークの場合、基本偶数(右手左手、あるいは左手右手の2つ)で解決するため16分のアクセント移動であれば、常にアクセントを叩く手は一定です。

しかし、今回は3連符という奇数がメインになるのでアクセントを叩く手が1拍毎に切り替わります。

同じ手でアクセントを叩くのはアクセントの位置をズラした時だけです。

16分のアクセント移動の場合はこの逆なので、初めて3連符のアクセント移動を練習する時にはこの感覚を理解しないと結構大変です。

一応、動画を載せておきました。

テンポは80くらいですね。

前回同様に応用としてタムやシンバルにアクセントを移動させています。

バスドラムはアクセントの位置を。左足は常に4分音符を踏んでます。

ちなみにシンバル移動を単純に早く正確にやるだけでもカッコいいです(笑)。

自分の場合は3点セットなのでハイタムかフロアタムしかありませんが、4点以上の場合はお好みで色んなタムに振り分けてもいいでしょう。

ぜひ、挑戦してみてくださいね。

本日も最後まで読んでくださいまして、ありがとうございました!

*ドラムレッスンを東京近辺で展開中!!無料レッスン受付中!!*

現在、東京都内(主に新宿、秋葉原)を中心にレッスンをしています。 レッスン形式 レッスンは貸しスタジオでのレッスンとなります。 スタジ...
スポンサーリンク

シェアする

フォローすると更新情報を見逃しません

スポンサーリンク