上達が3倍早くなる?ドラムのトレーニングスティックTR-AMを知っていますか?

こんにちは。ドラム講師の山本哲也です。

ここは当ブログの管理人である山本哲也(やまてつ)についてのプロフィールになります。管理人がどんな人間かここで紹介しています。

今日は師匠から教えてもらったトレーニングスティックを紹介します。

それがこちらです。

IMG_20150817_232223

普通のスティックではなく、アルミ素材で作られたスティックです。

もしあなたが脱力したドラミングを目指しているのであれば、このスティックを使って練習すると楽に叩けるようになります。

スポンサーリンク

力を入れた演奏は疲れてしまう

パンクやロックでの速いテンポの曲を演奏する場合や大きな音を出すときに、力んでたたく時ってありますよね?

しかし力を入れて演奏すると、腕が疲れてパンパンになったり余計に体力を使ってしまい、ライブの後半ぐらいにはヘトヘトになってしまうことになります。

この問題を解決するためには、いわゆる脱力というのが必要になります。

しかし、ただ力を抜いただけの演奏はそもそも大きな音が出せなくなりますし、リズムもグダグダになります。

そうすると、また力を入れてたたくようになってしまい結局はまた元の力んだ状態に戻るという悪循環が生まれます。

力んでしまうのは、小手先だけでやるから

どうしてこの力んだ状態が生まれてしまうのでしょうか?

それは腕全体を使ってたたかずに、手首や指といった小手先だけでドラムをたたこうとするからです。

手首や指だけでたたこうとすると、前腕部分はガッチリとロックされたような状態になり脱力ができない状態になります。

そしてそのままの状態で叩くと最悪の場合は腱鞘炎になり、しばらくドラムをたたくことができなくなります。

もちろん1拍だけとか2拍だけと瞬間的に繰り出すのならば問題ないですが、パンクとかの速いテンポで一曲ずっとたたく場合にはすぐにバテてしまいます。

この小手先だけで叩いている状態を回避するには腕全体を使ってたたくようにしなければいけません。

腕全体を使ってたたくという感覚をつかむためには、普段使っているスティックよりも重いスティックで練習するのです。

そこで今回ご紹介してるこのスティックが一役買ってくれます。

トレーニングスティックTR-AMで脱力の感覚を身につける。

で、このトレーニングスティック何が普通のスティックと違うのかというと重さが普通のスティックの2倍くらい違います。

なので、このスティックでいつものように叩くには手首だけを振りあげて叩くのではなく、腕全体で叩く必要があります。

つまり、このスティックで強制的に腕全体で叩くストロークで練習することによって小手先だけで叩くフォームを矯正し、脱力の感覚も身に付きます。

腕全体でたたくことが出来れば、小手先だけで動いてるわけではないので力の分散もしやすく、長い間疲れずにたたくことが出来ます。

また腕全体で叩くことによってしっかりとした音量でドラムを鳴らせます。

慣れてくれば、このアルミスティックでもテンポ200超えの高速ストロークができます。

そこまでくれば普通のスティックでも余裕でしょう。

その結果、あなたはパンクでもメタルでも余裕のある演奏が出来るようになり、メンバーも一目置くようなスピードドラマーになることが出来ます!!

自分も手首だけで振り上げる小手先ストロークのクセが中々治らなかったのですが、このトレーニングスティックで練習し始めてから、そのクセも段々解消され、とても楽に演奏できるようになりました。

普通のスティックよりは多少高価ですが、その分の費用対効果は保証します!

下のボタンをクリックして買って練習してみてくださいね。

本日も最後まで読んでくださいまして、ありがとうございました!

*ドラムレッスンを東京近辺で展開中!!無料レッスン受付中!!*

現在、東京都内(主に新宿、秋葉原)を中心にレッスンをしています。 レッスン形式 レッスンは貸しスタジオでのレッスンとなります。 スタジ...
スポンサーリンク

シェアする

フォローすると更新情報を見逃しません

スポンサーリンク