タムのセッティングについて考えてみた

こんにちは。ドラム講師の山本哲也です。

ここは当ブログの管理人である山本哲也(やまてつ)についてのプロフィールになります。管理人がどんな人間かここで紹介しています。

前回はスネアとフロアタムのセッティングについて書きました。まだ読んでない!という方はこちらからどうぞ。

スネアのセッティングをしっかりするだけでリムショットが驚くほどやりやすくなります。リムショットだけではなくフロアタムのセッティングも自ずと決まってくるのでセッティングの時間も短縮できます。スネアのセッティングができてないと思ったら一度読んでみてください。

バンドのリハや個人練習でスタジオに行くと、かなりの急角度でセッティングしてるタムを多く見ます。

こんな感じですね。

急角度なセッティングのタムの画像

一体どうしたらこんなセッティングになるんだろうと考えてしまいます(笑)。

そこで、今日はタムのセッティングをするときに自分が意識してることを書きます。

タム回しがやりづらいとかタムが鳴ってくれないって悩んでる方は是非一度読んでみてくださいね。

スポンサーリンク

タムの角度を合わせる

さっきの写真ですがあのセッティングだと本人としては演奏しやすいのかとは思います。

しかし、あのセッティングですとタムがハッキリとは鳴りません。

何故なら、スティックを振り落としたときの角度とタムの角度とが一致しないからです。

もしさっきのセッティングで、自分がたたくとスティックはこのような角度で落ちてきます。

急角度でセッティングしたタムとスティックの軌道との関係の画像

これだと、スティックは打面を少しこするような感じで叩いているので、うまく鳴ってくれません。

まずはタムの角度とスティックを振り落としたときの角度と一致するようにセッティングしましょう。

自分がセッティングするとこのようになります。

適切な角度でセッティングしたタムとスティックの軌道との関係の画像

タムホルダーは無段階形式のものを

タムの角度は突き詰めると結構大変です。厳密にセッティングしたいならボール式の無段階調整のものがいいでしょう。

普通のスタジオには大体ボール式ものがついてますが、これがギアで調整するような段階式のものだと細かい調整が難しいんですよね。

ボール式のものですとYAMAHAのタイプのものが最適ですね。

タムの中心を合わせる

角度が決まったら、次はタムの中心を合わせます。

これについては、ちょっと面白い方法で合わせてみましょう。

まずはいつも通りセッティングが終わったら目を閉じてください。

目をつぶった状態のまま自然にタムをたたきます。

たたいたら、そのままの位置をキープして実際にタムのどこを叩いているか見てみます。

どうでしょうか?

多分、初めてやってみると自分が思ってたよりもタムの中心がズレていると思います。

もしズレていればたたいた位置にタムの中心がくるように直してください。

そこがあなたに合ったタムの位置です。

ちなみに、自分はワンタムなのでフロアタムと同時にたたいて合わせています。

これをやっておくとタム回しの動きが変わります

ツータムならハイタムとロータムとで合わせるのと、フロアタムとの関係を合わせます。

タムの高さを合わせる

最後にタムの高さを合わせます。

これは単純にタムの高さが高すぎると、フィルインでスネアからタムにいったときにリムに当たりやすくなります。

タムのセッティングの高さが高すぎる場合の画像

写真は角度もおかしいのですが、このようなセッティングをするならもう少し高さを低くします。

しかし逆に低すぎると今度はパワーロスに繋がります。高すぎず低すぎずの丁度いい高さにセッティングしてみます。

セッティングで音も変わる

今回書いた「角度」「中心」「高さ」の三点を意識したセッティングをしてみて実際にタムをたたいてみましょう。

どうでしょうか?

以前よりもタムが鳴らしやすいはずです。

普段と違うセッティングをやると慣れるまですこし時間はかかりますが、これが普通になればフィルインでスネアは聴こえるけど、タムは聴こえないってことはなくなります

ぜひ、やってみてください。

本日も最後まで読んでくださいまして、ありがとうございました!

*ドラムレッスンを東京近辺で展開中!!無料レッスン受付中!!*

現在、東京都内(主に新宿、秋葉原)を中心にレッスンをしています。 レッスン形式 レッスンは貸しスタジオでのレッスンとなります。 スタジ...
スポンサーリンク

シェアする

フォローすると更新情報を見逃しません

スポンサーリンク