頭がスッキリしなければ、捨ててみるのが効果的

ゴミ箱の写真

こんにちは。テツヤマモト(@tetsuyamamoto01)です。

プロフィール
ここは当ブログの管理人であるテツヤマモトについてのプロフィールになります。管理人がどんな人間かここで紹介しています。

自分は人と比べて、考えすぎたり悩むことが多いタイプだと思います。

経験上、そういう状態に陥ると頭がモヤモヤして何もする気になれず、やりたいことも手につかなくなります。

これはいかんと思い、思い切って色々と捨てることにしました。

その結果、頭がスッキリしてとても心が晴れた気分になりました。

今日は捨てることによってどうして気分が晴れるのかについて書いてみます。

スポンサーリンク

「内省」のタイプならではの悩み

先日、ストレングス・ファインダーという本を読んでみて自分のタイプを知る機会がありました。

ストレングス・ファインダーではいくつかの質問に答えて5つの強みを発見し自分の人生に役立てようというコンセプトの本です。

その中で一番に出てきたタイプが「内省」というものです。

「内省」とはざっくりいうと一人で物事を考えるのが好きなタイプの人間です。

これは考えることがとても長くなると悩んだりすることが多いということでもあります。

そんな人間なので、考えても頭がスッキリしないといろんなことが手につかなくなるのです。

ちなみに内省の人間に向いてる仕事の中にブロガーというのもあるみたいですね。

頭がスッキリしなければ捨てる

そこで試してみたのが、「捨てる」ということです。

捨てる対象は何でもいいです。

今回、自分の場合は服を本当に色々捨てました。

10年以上着ていたジャケットやカビの生えたスーツ。1年以上着なかったコート等。

自分で「これは捨てる」というルールを決めて、その通りにやると本当に色々捨てられます。

着ない服を捨てるとクローゼットやタンスに空きができるので新しい服が買えるし、読んだ本を捨てれば本棚が空くので新しい本を買うことができます。

これは結構効果あると思います。

なぜなら、一度捨ててしまえばもうそのことに対して考えなくても良くなるからです。

捨てたものがいいもの

ここでは個人的にもっと捨てたほうがいいものを紹介してみます。

メール

これ結構溜まりがちですよね。

基本メールは読んだら捨てたほうがいいです。受信トレイに残りまくってると本当にやる気が下がります。

もっともメールが来ないようにするのがいちばん大切なんですけどね。

採譜の中のレシート

これも溜まりがちですが、捨てた方がいいです。

しっかりしている人なら後でまとめて家計簿などに記録するためにとっておくかもしれません。

まとめ

というわけで、今日は個人的に捨てたほうがいいと思うものを書いてみました。

ぜひ参考にしてみてくださいね

本日も最後まで読んでくださいまして、ありがとうございました!

コメント