ルーディメンツは3つだけ覚えれば全てできますよ

ドラム1

こんにちは。ドラム講師の山本哲也です。

ここは当ブログの管理人である山本哲也(やまてつ)についてのプロフィールになります。管理人がどんな人間かここで紹介しています。

今日はルーディメンツについて自分なりの考えをまとめてみようと思います。

ドラムの上達にはルーディメンツは欠かせないものです。

ルーディメンツをただの手の運動ととるかそれ以上の意味でとるかによってルーディメンツを練習するモチベーションは変わってきます。

詳しく後述しますが、現在ルーディメンツは40種類あると言われています。

40種類あると言われると一体どこから練習して良いのか?正直迷ってしまいますよね。

以前に自分の好きなものから始めていいとは言いましたが、やはり早く上達したいというのもありますよね。

こんにちは。ドラム講師の山本哲也です。 ドラムにおいてルーディメンツの練習は外せないものです。 昔と違って今ではネットで「ルーディメ...

そこで今回は最初に練習すべきルーディメンツを3種類にまとめてみましたので、ぜひ読んでみてください。

ですが、その前にルーディメンツって一体何?ということから述べていきます。

スポンサーリンク

ルーディメンツとは?

マーチングの小太鼓

ルーディメンツの意味

そもそもルーディメンツとは一体どういう意味でしょう?

試しにルーディメンツの意味を辞書で調べてみましょう。スペルは「rudiments」と書きます。

すると「基本」や「基礎」という言葉が出てくるはずです。

基本って聞くと何だか練習しないといけないって思いますよね?

もちろんその通りでルーディメンツの練習はギターで言えばスケール練習みたいなものです。

ルーディメンツはマーチングでよく出てくる手の動きをまとめたものになります。ルーディメンツはスネア上だけでなくドラムセット全体の動きにも応用が効くのでマスターしましょう。

ルーディメンツの歴史

ルーディメンツの歴史をざっと振り返ってみましょう。

現在、基本的なルーディメンツは現在は40種類あると言われています。

しかし、最初は40種類もなくNARDと呼ばれる団体が提唱していた26種類が主なものでした。

そこにPAS(Percussive Arts Society)という団体がさらに14種類を付け加え現在の形になったと言われています。

今ではこの40種類のルーディメンツをさらに複雑化したハイブリッドルーディメンツというのもあり、ルーディメンツというくくりだけでも100種類以上あります。

ハイブリッドルーディメンツに関しては、こちらの記事を読んでみてください。

ルーディメンツの中でも難易度の高いハイブリッドルーディメンツを紹介しています。そもそもハイブリッドルーディメンツとは何なのか?または例としてチーズなどの代表的なハイブリッドルーディメンツもいくつか紹介しています。その他にもハイブリッドルーディメンツを勉強するのにいいサイトや教則ビデオも紹介していますので、ルーディメンツは一通りできたという中級者の方からハイブリッドルーディメンツを知らない方も興味があればぜひ読んでみて下さい。

ルーディメンツの譜面や動画をチェックするには?

もちろん、このブログでもルーディメンツは紹介しています。

しかし、当ブログだけでは飽き足らないという方はVic Firthというサイトにも一通りのルーディメンツが紹介されています。

英語のサイトですがこれほどわかりやすいサイトはないでしょう。

また譜面も前述のPASというサイトからpdfでダウンロードできるようになっています。

ルーディメンツは全部やる必要はあるのか?

そんなルーディメンツなんですが一体全部やる必要はあるのでしょうか?

ルーディメンツはそれぞれに要求される動きが違うためにマスターするに越したことはありません。

しかし、その要求された動きをそれぞれ覚えるために全部やるべきなのか?と思うと実はそうでもありません。

ドラムの手順は3種類のみ

当たり前の話ですが、人間の手は右手と左手と2種類しかありません。

この2種類の手で出来る手順はザックリわけると、3種類しかありません。

Rを右手として、Lを左手とすると

RLRL、RRLL、RLRR

の3種類だけです。

厳密に言えば左手スタートで6種類ですがあとはアクセントの位置を変えているだけです。

ではこの3種類の手順に該当するルーディメンツとは何でしょうか?

それは、

シングルストローク・ダブルストローク・パラディドル

の3つです。

この3つのルーディメンツを極めれば、あとはその3つの手順のバリエーションとアクセントの組み合わせだけです。

なので、ルーディメンツをマスターするのはある意味では簡単なのでまずはこの3つからマスターしてみましょう!

一通りルーディメンツがたたけるようになったら、こちらの教則本でさらに実践的な練習を積みましょう。

ドラムの上達にはルーディメンツの練習が欠かせません。ここではオールアメリカンドラマーという150のマーチングソロを収録した教則本を紹介しています。基本的にはnardルーディメンツだけでできるソロを掲載していますがPASルーディメンツも少し出てきます。またルーディメンツをドラムセットに応用したパイオニアのスティーブガッドのクレイジーアーミーも紹介しているので、ルーディメンツの可能性を知りたいのならぜひ一度読んでみて下さい。

本日も最後まで読んでくださいまして、ありがとうございました!

*ドラムレッスンを東京近辺で展開中!!無料レッスン受付中!!*

現在、東京都内(主に新宿、秋葉原)を中心にレッスンをしています。 レッスン形式 レッスンは貸しスタジオでのレッスンとなります。 スタジ...
スポンサーリンク

シェアする

フォローすると更新情報を見逃しません

スポンサーリンク