ドラムが下手な人の特徴を自戒の念を込めて書いてみる

boy-984293_1280

こんにちは。ドラム講師の山本哲也です。

ここは当ブログの管理人である山本哲也(やまてつ)についてのプロフィールになります。管理人がどんな人間かここで紹介しています。

自分は相手の悪いことを言うのはなるべくしないようにしています。

しかし、友人のライブを見たり対バンでいろんなドラマーを見るとどうしても下手だなぁって思うこともあります。

またいろんなドラマーと話している中で、この人は上達しないだろうなって思うこともあります。

そこで今日は自分が思う下手なドラマーの特徴を書いてみようと思います。

これは自分自身も気をつけていることではあります。

ぜひ、自分にも当てはまっているかどうかチェックしてみましょう。

スポンサーリンク

ドラムが下手だとバンドはどうなるのか?

ドラムはバンドの屋台骨です。

正直、ドラムがしっかりしているだけでギターがハシろうがベースがモタろうが音楽は成立してしまいます。

それだけドラムというパートは重要なんですよね。

逆を言うと、どんなに良いメロディを歌ってもテクニカルなことばっかやっていてもドラムがしっかりしなければ全くサマにはなりません。

バンドにとってドラムは生命線です。

下手なドラマーの特徴

さて、いよいよ下手なドラマーの特徴を書いてみようと思います。

リズムキープができてない

これはもう分かりやすいですよね!

まぁライブで多少ハシったりモタったりするぐらいならむしろノリとして許されます(笑)

しかし、一般のリスナーにもわかるくらいにリズムがガタガタだとダメです。

この問題を克服するには当然メトロノームやクリックに合わせての練習をひたすらやり込むしかありません。

しかし、クリック練習もただ何となくやるのではダメでこんな使い方をすることによって効果が劇的に変わっていきます。

クリック練習のやり方とバリエーションについて書いています。まずはクリック練習はどうしてやらなきゃいけないのか?クリックをオモテに鳴らすだけの練習がなぜなんの意味もないのか?そして実践編ということで8分音符のウラや2拍目4拍目のいわゆるバックビートの位置。そして16分音符の4つ目として捉える練習法を動画を交えて説明しています。またクリック練習はギターやベースもやったほうが理由を最後に一言書いています。クリックにはなんとなく合わせられるが上達の実感がないというドラマーや他パートの方にもぜひ一度読んで頂けたらと思います。

この練習法を通して、リズムキープ力をつけましょう。

強弱ができていない

ドラムの良し悪しは実はリズムキープ力だけはありません。

音楽には盛り上がる部分とそうでない部分があります。いわゆる強弱の部分ですね。

リズムキープはちゃんとできていたとしても、この強弱の部分もしっかりとできてないと下手に聴こえてしまいます。

これに関しては曲全体をちゃんと聴いているかどうかが重要になってきます。

また作曲者の意図もしっかりと組んだ上で、ここは盛り上がる盛り下げる等を考えるといいでしょう。

強弱に関しては、バックビートをリムショットするかしないかだけでも変わってきます。

オープンリムショットをマスターすればあなたの8ビートは格段にカッコよくなります。オープンリムショットを叩くコツや練習法。さらにリムショットの音をうまく聴こえさせるちょっとしたコツも書いています。ロックドラマーはぜひ一度読んでみてください。

自分の演奏を録音しない

自分の演奏を聴くのはとても恥ずかしいものです。自分もそうです。

ですが、自分の演奏を録音して聴いてみないことには何が自分の問題になっているのかがわかりません。

自分はリズムキープがしっかりできていると思いこんでいたとしても、いざ録音して聴いてみると全然ダメ!ということもあります。

またこの部分のフィルインはカッチリ決まった!と思ってもやっぱ違うということもザラにあります。

厳しいことを言いますが、自分の演奏を録音して聴かないということは問題解決を自分自身で避けているとさえ言えます。

ハッキリ言えば、それができないならドラムを辞めた方がいいでしょう。

最近のスマホは録音機能もついてるので、まずはそこから始めてみましょう。

ちなみに余裕があれば動画を録ってみてもいいと思います。

こんにちは。ドラム講師の山本哲也です。 今日は初心者向けの記事になります。 あなたもバンド練習や個人練習で 近所のスタジオ...

練習にならない練習をしている

個人的にこれが一番下手なドラマーの特徴だと思っています。

そもそも練習というのは、現時点で出来ないことを出来るようにするための行動が練習だからです。

ですから、すでに出来ていることをただ繰り返すのは練習にはならないんですね。

例えば、テンポ60でしか出来ないフレーズを70で出来るようにするのは練習になります。

逆にテンポ60ですんなり出来るフレーズをテンポ50でやるとハシったりモタったりするので、それをしっかりと出来るようにするのも練習です。

こう考えると、すでに出来ていることに何かしらの負荷をかけてやるのが練習と言えるでしょう。

また、自分の課題とは全く違う練習をしているのも練習にはなっていないです。

リズムキープができてないのに、パフォーマンスばっかやっていても意味がありません。

練習は負荷をかければかけるほど効果がある

練習は基本的に負荷が大きいければ大きいほど上達のレベルは大きくなります。

例えば、さっきのクリック練習でウラでとりながらの練習は初めてやってみると、たたくことばっかりに意識が集中していると思います。

実際、自分も難しいパターンを練習するときはそうなります。

でも、段々脳が理解してくると余裕が出てくるのか周りを見ながら叩けるようになります。

練習というのはこういった状態にもってくるまで、負荷をかけ続けることとも言えます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回の記事は自戒の念を込めて書いています。

今回書いた内容でそれでも上達していないと思うなら、自分の演奏を上手い人に聴いてもらうのがいいでしょう。

ぜひ一度試してみてくださいね。

本日も最後まで読んでくださいまして、ありがとうございました!

*ドラムレッスンを東京近辺で展開中!!無料レッスン受付中!!*

現在、東京都内(主に新宿、秋葉原)を中心にレッスンをしています。 レッスン形式 レッスンは貸しスタジオでのレッスンとなります。 スタジ...
スポンサーリンク

シェアする

フォローすると更新情報を見逃しません

スポンサーリンク