定量化した目標が達成しやすいのはドラムも同じ

こんにちは。ドラム講師の山本哲也です。

ここは当ブログの管理人である山本哲也(やまてつ)についてのプロフィールになります。管理人がどんな人間かここで紹介しています。

突然ですが、あなたには目標がありますか?

もちろん、多かれ少なかれありますよね?

例えばそれがこのブログのテーマでもあるドラムだったり、仕事だったり。はたまた家族関係であったりと何かしら目標があるはずです。

しかし、目標って定めたのはいいものの中々達成しにくいんですよね。

そこで、今日はドラムに的を絞って少しでも目標に近づけるための方法をまとめてみます。

スポンサーリンク

達成しやすい目標とそうでない目標とは?

ところで、目標には達成しやすい目標とそうでないものとの違いを知ってますか?

それは

定量化した目標かどうか

です。

定量化とは簡単に言えば、数値化した目標です。

例えば

「この曲がいつか出来るようになりたい」

というよりも

「この曲を○月○日までに出来るようになりたい」

の方が達成しやすいのです。

同様に

「パラディドルが叩けるようになりたい」

よりも

「パラディドルがテンポ180で叩けるようになりたい」

の方が達成しやすいのです。

目標に期限をつける

これがどうして達成しやすいのかというと、「いつか」だと本当にいつできるかわからないからです。

いつかであれば、それは今でもないですしどうやってやろうかも考えなくなるので達成しにくいのです。

そうではなくて「○月○日にできるようにする」と目標を設定すると、そうするためにはどうすればいいか?を考えるようになります。

コピーしたい曲であれば、「○月○日にできるようにするには、Aメロの部分をここまでにできるようにして、Bメロはここまで」とどうやってそれをやろうとするか考えるようになります。

仮にもしその目標が達成できなかったとしても、どこがどうダメだったのかも検証しやすくなります。

脳は質問を与えればしっかりと答えを考えてくれる

人間というのは不思議なもので、こうやって目標に期限等の数値を設定すると、ここまでに出来るようにするにはどうすればいいか?をちゃんと考えてくれるようになります。

大げさに言えば、脳は質問を与えてくれればしっかりと答えを考えてくれるスーパーコンピューターなのです。

この考えは昔、神田正典さんの「非常識な成功法則」という本の中に書いてあった目標設定の仕方から学びました。

正直、自分は自己啓発本はあんまり好きじゃありませんが、この神田さんの本だけは自己啓発本の中でも好きなんですよね。

自己啓発本の内容って正直、再現性の少ないものが多いんですが、この本の内容は現実的なので真似しやすいんですよ。

ぜひ一度読んでみてくださいね。

きっとドラムに限らず多くのことに役立ちますよ。

本日も最後まで読んでくださいまして、ありがとうございました!

*ドラムレッスンを東京近辺で展開中!!無料レッスン受付中!!*

現在、東京都内(主に新宿、秋葉原)を中心にレッスンをしています。 レッスン形式 レッスンは貸しスタジオでのレッスンとなります。 スタジ...
スポンサーリンク

シェアする

フォローすると更新情報を見逃しません

スポンサーリンク