カッコいいフィルインやフレーズから練習するのがネタを増やす一番の近道だ!

instruments-801271_1920

こんにちは。ドラム講師の山本哲也です。

ここは当ブログの管理人である山本哲也(やまてつ)についてのプロフィールになります。管理人がどんな人間かここで紹介しています。

「最近フレーズがマンネリ化してるんだよね?」

とか

「セッション行っても手クセフレーズしか出てこない」

ってドラマー多いですよね?

かくいう自分もそうでしたが、フレーズのネタを増やすにはどっからやればいいのか正直わからないと思います。

特にドラムを始めたばっかの人だと先輩やら先生に、

「ドラマーならこれを聴こう!これかっこいいから聴いとけ!」

って言われて貸してもらったアルバムを聴いても、つまらないって思うこともあると思います。

そこで、今回はどうやってフィルインのバリエーションを増やす方法を自分なりの考えをまとめてみたいと思います。

ネタを広げるためにはどうすればいいのかわからないドラマーはぜひ一度読んでみて下さいね。

スポンサーリンク

そのフレーズが手癖になった理由

ドラマーならフレーズのバリエーションを増やしたいとか何かかっこいいフレーズを覚えたいっていつでも思っています。

セッションで単調なフレーズしか叩けないとかバンドでアレンジしてもいつもと同じフィルインしかできなかった時は特にそう思います。

ですが、その前にまず考えてほしいのが、

「今まで叩けているそのフレーズがどうして手癖になったか?」

ってことなんです。

フレーズが手癖になったのは、

そのフレーズを一生懸命練習して体に染みついているから

ですよね?

ここに注目してほしいんですけど、要はそのフレーズが手クセになるには何かしらの理由があるのです。

例えば、「タントン、タカトン」という2拍のフレーズがあるとします。

これがすぐ出来るからってその形だけ練習しても覚える理由やインパクトがないから覚えないし、体にも染みつかないのは当然です。

しかし、ある人にとってはその時に聴いていた曲の中に出てきた「タントン、タカトン」ってフレーズがあまりにもかっこよかったら絶対に覚えようとするんです。

これはもはや人間の性とも言えるもので、人は理由がないと覚えないんです。

もっというと、その時はフレーズだけじゃなくて、フレーズが繰り出された音楽的状況も無意識で覚えています。

なので、教則本のように形だけ練習してもセッションやバンドではそういった状況があまりないために中々出てこないんですよね。

かっこいいと思ったフレーズから練習する

なので、フレーズを覚えるコツは

自分の好きなジャンルの曲を聴いて、そこから気に入ったフレーズを抜粋する

のが一番です。

やはり何事も好きな曲やジャンルから始めると、自分にとってのかっこいいフレーズにも出逢いやすいです。

そして、その中でさらにインパクトがあったフレーズを練習していきましょう。

そして以前に書いた採譜も忘れてはいけません。採譜するときはそのフレーズの前後と時間も書いておくとあとでこの時に繰り出されたんだなって探しやすくなります。

https://tetsuyamamoto.com/post-297/

是非、やってみてくださいね。

本日も最後まで読んでくださいまして、ありがとうございました!

*ドラムレッスンを東京近辺で展開中!!無料レッスン受付中!!*

現在、東京都内(主に新宿、秋葉原)を中心にレッスンをしています。 レッスン形式 レッスンは貸しスタジオでのレッスンとなります。 スタジ...
スポンサーリンク

シェアする

フォローすると更新情報を見逃しません

スポンサーリンク