超高性能!iPhoneの有料メトロノームアプリTempoAdvanceの使い方をまとめてみたよ

メトロノームの画像

こんにちは。テツヤマモトです。

スマホのメトロノームアプリって色々ありますが、正直どれがいいのかわからないですよね?

最近のメトロノームアプリは無料でも有料でもスゴいものばかりで、何が自分に合っているのか正直わからなくなります。

そこで今日はiPhone専用のメトロノームアプリ「Tempo advance」を紹介します。

「Tempo advance」は有料になりますが、性能はケタ違いなので使いこなせれば、上達も早くなりますよ。

スポンサーリンク

Tempo Advanceの特徴

で、Tempo Advancedの何がすごいのかというと3つあります。

無料のアプリ以上に様々な機能が入ってる

当たり前ですが、有料な分色んな機能が備わっています。

無料のものだと単にテンポを設定するだけのものが多いんですよね。

しかし、Tempo Advanceはセットリスト機能やタップ機能等の有料ならではの機能が充実しています。

ポリリズムにも対応できる

個人的に感動したのが、ポリリズムに対応しているという点です。

無料のものでは練習しづらい5連符や7連符なんかも練習できちゃいます。

ポリリズムについては下の記事で説明していますので、わからない人はまず読んでみてください。

ドリームシアターのマイク・マンジーニ監修のメトロノームアプリ

マイク・マンジーニの写真

ここまで至れり尽くせりだと

こんなマニアックな機能がついたアプリを、一体どんな人が作っているんだろう?

と思いますよね?

実はこのTempo Advanceはドリームシアターのマイク・マンジーニが監修しています。

マイク・マンジーニとは?

マイク・マンジーニは今ではドリームシアターのドラマーとしてすでに知られています。

ただ彼は昔からエクストリーム等のバンドですでに頭角を表してきたドラマーなんですよ。

音楽やリズムに関する造詣も深く、バークリー音楽院の講師経験やオンラインレッスンでの経験も豊富です。

そんな彼が監修したメトロノームで練習したら上達できそうですよね?

ドリームシアターというバンドを知らないという方はこちらの記事で紹介しています。

Tempo Advanceの使い方

ここまで読んでみたらちょっと使ってみたくなりますよね?

でも使いこなすのは難しそう?って感じると思うのでここでは基本的な使い方を書きます。

基本は2つの円を動かすだけ。

まずアプリをダウンロードして開いてみると、こんな画面が出てくると思います。

Tempo advanceを最初に立ち上げた時の画像

外側の円と内側の円の中に、いくつか赤い丸があります。

この2つの丸の数の組み合わせによって、様々なクリックのパターンを作る仕組みになってます。

外側の円の赤い丸が拍の数です。

つまり4つなら4/4ということで、3つなら3/4です。

対して、内側の円の赤い丸が音符の数になります。

1つなら4分音符、2つなら8分音符、3つなら3連符です。

どちらも最大20個まで増やせます。

一般的なアタマ打ちのメトロノームを作るなら外側の円を4つにして、内側の円を1つにすればOKです。

プリセット機能を使ってみる

基本的な使い方に慣れてきたらTempoAdvanceの目玉機能のひとつであるPreset(プリセット)機能を使ってみましょう。

プリセットとは自分が作ったメトロノームのパターンを保存できる機能です。

例えば、3/4のパターンを作ったとします。

練習するたびにいちいち設定しなければいけないとなると面倒ですよね。

そこでプリセットの出番です。

登録すると下の方に「4 1」という数字が出てきます。この数字はそれぞれ「拍 音符」を表しています。

写真の場合だと「1 3」となります。

パターンができたら左下の+をタッチするとプリセットとして登録されます。

プリセットを消す場合は鉛筆マークをタッチすると+がゴミ箱に変わりますのでそれで消すことができます。

Presetの例

このプリセットって一体どうやって使ったら良いのかわからないですよね?

ですので、プリセットの簡単な例を出してみます。

シャッフル

まずはシャッフルです。

シャッフルとは簡単にいえば3連符の2つ目の音符を抜いたパターンです。

実際に作ってみるとこうなります。

TempoAdvanceでシャッフルのPresetパターン

サンバキック

次はサンバキックです。

サンバキックはバスドラの2つ打ちの練習に最適なので、ぜひ練習しておきたいものです。

Tempoadvanceのサンバキックのpreset

設定はこんな感じです。

写真の場合は3つ目の音を鳴らないようにしていますが、3つ目の音を違う音に設定して8分ウラのハットを意識できるような形にしてもいいでしょう。

ポリリズムモード

TempoAdvanceのもう一つの目玉機能がこのポリリズムモードです。

ポリリズムとは簡単にいうと、

「元のリズムの中に別のリズムが存在している」

という状態です。

ポリリズムって普通の4分音符で練習してると、結構あいまいになっちゃうんですよね。

実際にやってみましょう。

TempoAdvanceの3/4の写真

写真は4分の3に16分音符を設定した場合です。しかしこれだけだと4分音符3つに16分が流れ続けるだけです。

そこで左下の大きな音符をタッチします。

すると下の写真の様な状態になります。

TempoAdvanceのポリリズムの設定前の写真

そして「Polyrhythm」の横のボタンをオンにすると3と4の間に鎖のようなマークがでます。

これで設定完了です。

TempoAdvanceのポリリズムの設定後の写真

この状態でメトロノームを鳴らしてみると、16分の3つ割のタイミングで音が鳴ります。

あとはいろんなバリエーションを練習してみましょう。

費用対効果の高い高性能メトロノーム

さて、ざっくりと使い方を説明してきましたが、

有料ではあるものの、その費用対効果はかなり高いといっていいでしょう。

ここまでくれば、あとはあなたの想像力次第でいろんな練習ができます。

ぜひ一度つかってみてくださいね。

TempoAdvanceはこちらからダウンロードできます。

本日も最後まで読んでくださいまして、ありがとうございました!

コメント