ドリームシアターの「システマティックカオス」を聴いてみた。

  1. In The Presence Of Enemies Pt. 1
  2. Forsaken
  3. Constant Motion
  4. The Dark Eternal Night
  5. Repentance
  6. Prophets Of War
  7. The Ministry Of Lost Souls
  8. In The Presence Of Enemies Pt. 2

こんにちは。ドラム講師の山本哲也です。

ここは当ブログの管理人である山本哲也(やまてつ)についてのプロフィールになります。管理人がどんな人間かここで紹介しています。

今日も引き続きドリームシアターのアルバムを紹介します。

やっぱり自分のロックドラムの根っこの部分はマイク・ポートノイなんですよね。

今日紹介するのは、以前紹介したオクタヴァリウムの次に出たアルバム「システマティックカオス」を紹介します。

スポンサーリンク

システマティックカオスの注目ポイント

実はこのアルバムが出た当時はオクタヴァリウムでもうやることやりきったんじゃないか?って思ってました。

2枚組アルバムやコンセプトアルバムは作ったし、オクタヴァリウム引っ提げてのツアーは大成功だったし。

もう十分成功しているバンドなのにツアーやったらもう次のアルバム制作に入るというパワーには頭が下がります。

そんな彼らの次の作品の聴き所を紹介します。

オクタヴァリウム超えの大作

このアルバムは1曲目と最後の曲が同じ曲で、間に何曲か収録されているというちょっと変わった構成になっています。

1曲目と最後の曲を足すと収録時間が25分くらいです。

ちなみに前回のオクタヴァリウムが24分なので、まさかのオクタヴァリウム超えです(笑)。

このアルバムを引っ提げたライブを武道館で見ましたが、ちゃんと1曲としてやってました。

全体的なバランスが1番取れている作品

前々作の「トレインオブソート」はかなりメタル寄りの作品だったのに対して、前作「オクタヴァリウム」はプログレッシブ寄りの作品でした。

そして今回はそのどちらでもないある意味バランスが取れたアルバムです。

悪く言えば中途半端なのですが、これを補填するためにオクタヴァリウム超えの超大作を入れることによってインパクトを保っている印象です。

システマティックの主な曲紹介

この作品は個人的に捨て曲は一切ないのですが、個人的に好きな曲を紹介します。

In The Presence Of Enemies

先程も書きましたが、このアルバムのハイライトとも言える曲でパート1とパート2合わせて約25分の超大作です。

全体的にオクタヴァリウムよりもヘヴィなサウンドでまとめられています。

イントロのギターリフは変拍子の嵐で、昔採譜したときは確か8小節で1セットだった気がします。

パート2ではこのギターリフをバックにギターソロとキーボードソロを繰り広げてくれるから、まさに変態です(笑)。

ライブではちゃんと1曲通してやっていますね。

画質はちょっと荒いですが、圧巻のパフォーマンスです。

Constant Motion

ドリームシアターではあんまり聴かないスラッシュメタルの要素が入った曲です。

当時のライブは確か1曲目に演奏されたんじゃなかったかな?

ライブの始まりにとても相応しい1曲となっています。

注目すべきはなんと言ってもギターソロのところです。

リズムの核だけ決めて、あとはセット全体を使ってギターソロを煽っていくマイク・ポートノイのフレーズは舌を巻くばかりです。

このアイディアの源泉は一体どこから来るんだろう?とマイク・ポートノイのフレーズセンスはただただ感心するばかりです。

まとめ

というわけで、今日はシステマティックカオスを紹介しました。

ぜひ一度聴いてみてくださいね。

本日も最後まで読んでくださいまして、ありがとうございました!

*ドラムレッスンを東京近辺で展開中!!無料レッスン受付中!!*

現在、東京都内(主に新宿、秋葉原)を中心にレッスンをしています。 レッスン形式 レッスンは貸しスタジオでのレッスンとなります。 スタジ...
スポンサーリンク

シェアする

フォローすると更新情報を見逃しません

スポンサーリンク