スイスアーミートリプレットを応用してみよう

こんにちは。ドラム講師の山本哲也です。

ここは当ブログの管理人である山本哲也(やまてつ)についてのプロフィールになります。管理人がどんな人間かここで紹介しています。

ここ最近、「Oakland Stroke」ばっか練習しています。

どんな曲なのかはこちらの動画と音源を聴いていただければと思います。

デヴィッドガリバルディが好きならこの名盤を知らないとは言わせません。「Oakland Stroke」や「Squib Cakes」等の彼のプレイの代名詞と言える曲を収録したこのアルバムは元祖テクニカルファンクの教科書と言えるでしょう。ファンクの歴史に残る名盤をじっくり紹介します。

ガリバルディのパターンをコピーするにはまずはあの高度な手の絡みを覚える必要があります。

パターン全体が一種のルーディメンツなので、手足のコンビネーションを鍛えるにもいいパターンです。

さて、今日はそんな「Oakland Stroke」を練習している時に思いついたエクササイズについて書きます。

譜面はこちらになります。

スポンサーリンク

スイスアーミートリプレットのアクセントの位置を動かす

今回、スイスアーミートリプレットというルーディメンツを使います。

わからなければ、こちらの記事をご覧ください。

ルーディメンツのスイスアーミートリプレットを紹介しています。スイスアーミートリプレットはフラムルーディメンツの中でも比較的簡単にできるルーディメンツのひとつです。コツをつかめばスピードアップも簡単でドラムセットにも応用しやすいです。動画もあるのでぜひ練習してみましょう。

で、このルーディメンツの応用としてよくあるのがフラムの位置を変えるというのがあります。

3連譜の1つ目、2つ目、3つ目と順番に変えていくので、手順が変わっていきます。

しかし、今回のように、スイスアーミーの形は変えずにアクセントの位置だけを変えるというのはなかなかないと思います。

1列目の2小節目は普通の手順で2つ目にアクセントが付きますが、アップストロークからアクセントをつける形なので、最初のフラムは力を抜いてたたかないとアップテンポでは間に合わないです。

手順が変わるところは3つ目の音からアタマをたたくので、フルストロークですね。

ひととおりやると、左手スタートで始まります。最初は全ての手順を把握するのに苦労します。

ゆっくりとしたテンポから始めて、ストロークの関係を理解してから徐々にスピードを上げていくといいでしょう。

ちなみに「Oakland Stroke」の4拍目と譜面の2小節目の1拍目と6小節目の手順が同じですね。

ぜひ、挑戦してみてください。

本日も最後まで読んでくださいまして、ありがとうございました!

*ドラムレッスンを東京近辺で展開中!!無料レッスン受付中!!*

現在、東京都内(主に新宿、秋葉原)を中心にレッスンをしています。 レッスン形式 レッスンは貸しスタジオでのレッスンとなります。 スタジ...
スポンサーリンク

シェアする

フォローすると更新情報を見逃しません

スポンサーリンク