ストーンキラーを毎日やれば3ヶ月でシングルストロークが変わる

balance-368477_1920

こんにちは。山本哲也です。

ドラマーなら誰しもシングルストロークでの
高速プレイには憧れると思います。

パンクやへヴィメタルやシングルストロークで豪快に
16分で叩き切るのは、見てる側も演奏している側も
お互いに痛快でしょう。

またスローな曲なんかでも、たまに32分音符を
シングルストロークで叩ききるようなフレーズを
繰り出してみるとドラマティック感が出るかと
思います。

そんなプレイに憧れはするものの、
実際やってみると左手が追い付かなかったり、
出来たとしても16分(ないしは32分)が
詰まってしまうことが多いかと思います。

そこで今日は
「シングルストロークが速くならない」とか
「シングルストロークが詰まってしまう」

という悩みを抱えたドラマーの為に、
僕がやってきた練習法を一つ紹介します。

かなり地味な練習ですが、10分~15分ぐらいで
終わる練習ですので、是非やってみてください。

スポンサーリンク

シングルストロークの練習にピッタリ!ストーンキラー

紹介するのは、ストーンキラーという練習法です。

やり方は簡単です。

  1. 16分を1拍ずつRRRR,LLLLという具合にノーアクセントで10セット叩く
  2. 10セットやったら1拍ずつ増やす。つまり2拍・3拍と増えていく。
  3. これを1小節分までやったら、1拍ずつに戻ってアタマにアクセントをつけて叩く
  4. さらに1小節分までやったら、今度は16分の4つ目にアクセントをつけて叩く
  5. これが終わったら両手に移行、RLRLRLR,LRLRLRLと32分のノーアクセントで叩く
  6. 1小節終わったら、アタマにアクセントをつけて叩く
  7. 1小節終わったら、16分の4つ目にアクセントをつけて叩く
  8. 整理運動の要領で、5番をやって終わり

まずはテンポを50ぐらいからやってみましょう。
いきなり80ぐらいでやるとまず7番でヘタります。

1から4までで片手ずつ動きを観察しながら
叩いていき、
5から8までで両手の感覚を
揃えるようなイメージでやる
と上手くいきます。

ちなみに10セットずつ数えるのがダルいと思ったら、
30秒とか1分経ったら拍を増やすというのもいいですね。

そのときには自分が決めた時間毎にアラームが鳴る
インターバルタイマーを取り入れてるのが便利です。

ストーンキラーを練習していると、いちいちセット数を覚えるのが大変かと思います。そこで時間がきたらアラームで知らせてくれるインターバルタイマーを取り入れた練習の仕方を紹介しています。

毎日やるのが肝心!アルミスティックでやると効果倍増!

実はこのストーンキラーはすでに多くのサイトで
紹介されている練習法なのですが、
単にこれをダラダラと適当なテンポで
やるだけではダメです。

最初は遅いテンポから始めて、
毎日テンポを1ずつ上げながらやるのです。

例えばテンポ50から始めたら、
次の日は51というような具合です。

1か月しっかりやれば2か月目には
80からスタートですね。

毎日やると動きのコツがつかめてきますので、
シングルストロークのスピードも上がりますし、
何よりも動きが軽くなります。

タイトルでは3か月でと書いてますが、
マジメにやったら1か月くらいでも
効果が出てきますので、騙されたと思って
是非やってみてください。

ちなみに自分もたまにやっていますが、
その時は以前取り上げた練習用のスティックで
やってます。

https://tetsuyamamoto.com/post-657/

これでやるとさらに効果が倍増しますが、
負担も倍増するので本当にゆっくりのテンポから
やらないと速攻で腱鞘炎になるので注意してください。

このスティックでやる場合のコツとしては、
スティックをあまり上げずにタップストロークで
叩くような感覚で振ってみると良いでしょう。

ちなみにこれでやって前腕が痛くなったら、
そもそも振り方が間違ってる可能性があるので
注意してください。

正しい振り方でしっかり出来るようになれば
前腕が痛くなることもないですよ。
是非、挑戦してみてくださいね。

本日も最後まで読んでくださいまして、
ありがとうございました。

スポンサーリンク

フォローすると更新情報を見逃しません