自宅で練習パッドを叩く際の防音対策をまとめてみる

鐘の音がうるさいと感じるサルの像

こんにちは。テツヤマモトです。

プロフィール
ここは当ブログの管理人であるテツヤマモトについてのプロフィールになります。管理人がどんな人間かここで紹介しています。

自宅練習の定番といえば、練習パッドによる練習です。

もちろん、お金や環境さえ整えば生ドラムや電子ドラムを買うのが一番ですが、ほとんどは練習パッドで練習する他ありません。

練習パッドでも、ちゃんとやれば効果はありますからね。

しかし中には、

「うちのマンションはボロだから、練習パッドの音ですら出せないんだよね…。」

「意外と練習パッドって音がうるさいんだよね…。」

って方もいるかもしれません。

最近の練習パッドは昔と違い消音性が高くはなっています。

しかし、自宅の状況によっては練習パッドでの練習すらできないという方もいるでしょう。

ですので、練習パッドにもそれなりに防音対策はしないといけません。

そこで、今日は自分が練習パッドに施している防音対策を紹介します。

特に、スタンドに設置するタイプの練習パッドを使っているドラマーはぜひ一度読んでみてください。

スポンサーリンク

練習パッドへの防音対策

自分が練習パッドに施している防音対策は主に2つですが、これをやるだけでも効果はかなり上がります。

防音カーペットを敷く

何といっても一番効果的なのが防音カーペットです。

うちでは、静床ライトという防音カーペットを使ってます。

見た目はこんな感じのカーペットです。

防音カーペットの静床ライトの断面

普通のカーペットよりも分厚く作られていて、持ってみると結構重たいんですよ。

カーペットの下に特殊素材の層があるので、これが防音対策に一役買っているのでしょう。

このカーペットを一枚スタンドの上に置いています。

防音カーペットを敷いた練習パッド

これでかなり床への振動音が軽減されます。

電子ドラムにも使える

ちなみに実家にいた頃は一軒家だったので、電子ドラムで練習していました。

実家の床はフローリングだったので、

  • コルクシート
  • 防音カーペット
  • v-drumを買った時についていたマット

の順番に敷いていました。

これで夜の練習でも近隣から苦情はゼロでしたね。

もし、防音カーペットを検討しているなら、この静床ライトはおすすめですね。

10枚入りのセットなのでこれ一つで電子ドラムの防音対策もバッチリです。

古いジェルミュートを緩衝材として使う

練習パッドの消音性がいくら高いとはいってもそれは打面だけの場合です。

自分が持っているprologixの場合、周りの木製フープに関しては消音性が全くありません。

スネアスタンドに設置するタイプだと、パッドを叩いた時にパッドとスタンドの接点を通して振動音が響きます。

この問題を解消するために、使えなくなったジェルミュートを再利用しました。

写真のように、パッドとスタンドの間にジェルミュートを挟んで緩衝材として使ってます。

練習パッドの間に挟んだジェルミュート

これで振動音が抑えられるので、なかなかの防音対策になります。

スタンドに設置して使うタイプの練習パッド使ってる人は一度試してみてください。

ちなみにこのジェルミュートは以前の記事で紹介しています。

興味があれば、下のリンクからぜひ読んでみてください。

効果抜群!?ジェルミュートのムーンジェルを試してみた
こんにちは。テツヤマモトです。 以前、ミュートについて書きました。 今日はその例として、自分が使っているジェルミュートのムーンジェルを紹介しようと思います。 また実際に音がどう変わるのか?を少しでもわかるよ...

まとめ

練習パッドといえども、それなりに音が鳴るので防音対策はしたほうがいいでしょう。

今回紹介した方法で、自宅練習の効率が上がったら幸いです。

ぜひ、一度試してみてくださいね。

本日も最後まで読んでくださいまして、ありがとうございました!

コメント