スネアとフロアタムのセッティングについて考えてみた【ポイントは2つ】

こんにちは。テツヤマモトです。

以前、セッティングについての記事を書きました。

その中で、まずはイスのセッティングを見直そうと書きましたが、今日はその続きです。

イスのセッティングが決まったら次はスネアとフロアタムのセッティングです。

今日はその二つのセッティングについて書きます。

特にリムショットがうまく叩けないという人は今回のことを意識するだけで成功率が変わってきます。

スポンサーリンク

スネアの高さを意識する

まずはスネアからセッティングしてみましょう。

スネアのセッティングで最初に意識すべきポイントは高さです。

スネアの高さは高すぎても低すぎてもダメ

スネアが高いとハイタムとの高低差がなくなるのでタム回しが楽になります。

しかし写真のように、極端に高いとリムショットがやりづらくなるのでオススメはしません。

スネアのセッティングが高すぎる場合

逆にスネアの高さが低すぎると、リムショットはおろか自分の太ももや膝をたたくおそれがあるためケガをすることがあります。

スネアのセッティングが低すぎる場合

どちらにせよタム回しもリムショットもやりやすく、適度な距離感でセッティングするのが一番です。

ちなみに自分の場合はこんな感じです。

スネアのセッティングが筆者にとって適切な場合

目安は打面が自分のヒザよりも上にくるようにセッティングするといいでしょう。

スネアの角度を意識する

またスネアの角度も大事なポイントです。

スネアの角度が地面と平行だと、リムショットの時にリムだけたたくといったミスが起こりやすくなります。

なのでマッチドグリップの場合は少し自分側に傾けると、リムショットがやりやすくなります。

レギュラーグリップの場合はスティックの角度が違うので、手前に加えて少し斜めに傾けるといいでしょう。

あくまで目安なので、これを基本に自分なりに試行錯誤してやってみましょう。

リムショットに関してはこちらの記事を読んでみてください。

スネアスタンドについて

セッティングを考える際には、スタンドも重要になります。

安価なスタンドだと軽いので持ち運びしやすいのがメリットです。

しかし調整がギア式になるので細かくセッティングできません。

オススメはボール式などの無段階で調整できるスタンドです。

無段階式の場合、ギア式よりも細かいセッティングができるようになります。

セッティングについてシビアに考えてみたいという方にはオススメです。

ちなみに自宅のV-drumのスネアに乗せているのはパールのS-1030になります。

また、このスタンドは16インチまで対応しているのでサイズの大きいスネアだけではなくハイタムをセッティングする際にもオススメです。

フロアタムのセッティング

さてスネアのセッティングが決まれば、フロアタムのセッティングも決まってきます。

というのもフロアタムの高さはスネアの高さと一緒にすればいいからです。

スネアと同時にたたいてみて、若干低かったり高かったりすると感じたらその分調整します。

角度に関しても、あまりつけない方がいいでしょう。たたいてもわからなければ、このようにスティックをスネアとフロアタムの間に置いてみてください。

スネアとフロアタムの高さが同じか確かめる方法

急な角度がついていると、スティック転がって落ちます。

フロアタムの位置は、一度目を閉じてそこにフロアタムの中心があるようにたたいてみてください。

たたいた場所がフロアタムの中心とずれていれば、そこが中心にくるようにフロアタムの位置を調整していきます。

あとは適当にスネアとフロアタムを交互にたたいてみて、違和感が特になければ大丈夫です。

まとめ

これでスネアとフロアタムのセッティングは完成しました。

あとはタムやハイハット等のシンバル系をセッティングすれば完成です。

今までセッティングを意識してなかったのなら、ここまで考えるだけでも大変だとは思います。

ですが、このセッティングを意識するだけでも演奏がかなりやりやすくなるので、まずは試してみてください。

特にリムショットがうまくたたけないという悩みを持っていたら、このスネアのセッティングを意識するだけでも格段にリムショットがやりやすくなります!

本日も最後まで読んでくれて、ありがとうございました!

コメント