【ルーディメンツ】シングルラタマキュー

こんにちは。ドラム講師の山本哲也です。

ここは当ブログの管理人である山本哲也(やまてつ)についてのプロフィールになります。管理人がどんな人間かここで紹介しています。

今日はドラッグルーディメンツを紹介します。

今回紹介するルーディメンツはラタマキューというものです。

マーチングソロでは頻繁に出てくるもので、以前紹介したこの教則本でも多く出てきます。

ドラムの上達にはルーディメンツの練習が欠かせません。ここではオールアメリカンドラマーという150のマーチングソロを収録した教則本を紹介しています。基本的にはnardルーディメンツだけでできるソロを掲載していますがPASルーディメンツも少し出てきます。またルーディメンツをドラムセットに応用したパイオニアのスティーブガッドのクレイジーアーミーも紹介しているので、ルーディメンツの可能性を知りたいのならぜひ一度読んでみて下さい。

このルーディメンツもドラムセットに応用しやすいルーディメンツになりますので、ぜひ練習してみましょう。

譜面になります。

38_single_ratamacue

wikipedia参照

スポンサーリンク

シングルストローク4にドラッグをつける

で、このルーディメンツなんですが、譜面で見ると何かむずかしそうに見えますがそうでもありません。

解釈としては、シングルストローク4というルーディメンツの前にドラッグをつけてたたくというものです。

シングルストローク4との違いはドラッグが付いているのと、最後にアクセントがついているというものです。

テンポが速くなってくると、このドラッグとアクセントをいかに処理するのかがカギになってきます。

動画を載せておきます。

自分の場合はドラッグをたたいた後にあげながら、最初のタップストロークをたたき、そのあとにアクセントをたたくようにしています。

そしてドラッグを叩くときは少し上に手をあげて多少押し付けるような形でドラッグをたたきます。

ちょっとバズロールに近い感じです。

テンポが速くなってくると、この一連の動きでLLRLRL,RRLRLRと6連符を叩くような感覚になっていきます。

スティーブ・ガッドご用達のルーディメンツ

で、このルーディメンツがどう使われてるのかを見るのに一番わかりやすいのが、以前に紹介したスティーブガッドです。

ルーディメンツのひとつ。インバーテッドフラムタップについて書いた記事です。実はこのルーディメンツはスティーブガッドの名演「クレイジーアーミー」にも使われてるルーディメンツなのです。詳しくはブログで。

やはりルーディメンツをドラムセットに応用するのであれば、スティーブガッドの存在は欠かせません。

中でもラタマキューは彼の中でもご用達のルーディメンツなのでしょう。

例としてこんな動画を用意しました。

彼がここで説明しているのが、以前に紹介したスティーリーダンの「Aja」でやったソロの時のフレーズです。

スティーブガッドが好きならこのアルバムは必聴です。表題曲「Aja」でのプレイは名演中の名演ですが、他の曲にも豪華メンバーが揃っているので全ミュージシャン必聴のアルバムと言えるでしょう。個人的に好きな「Home At Last」でのバーナード・パーディーのプレイもぜひ聴いてみてください。

まさにフレーズはラタマキューそのもので、アクセントをバスドラムに置き換えてたたいています。

このフレーズはガッドのソロでは頻繁には出てきます。

タネがわかってしまえばたたけないフレーズではありませんが、フレーズを繰り出すタイミングがすごすぎます。

なので、そのタイミングなんかも含めて練習してみてください。

本日も最後まで読んでくださいまして、ありがとうございました!

*ドラムレッスンを東京近辺で展開中!!無料レッスン受付中!!*

現在、東京都内(主に新宿、秋葉原)を中心にレッスンをしています。 レッスン形式 レッスンは貸しスタジオでのレッスンとなります。 スタジ...
スポンサーリンク

シェアする

フォローすると更新情報を見逃しません

スポンサーリンク