【ルーディメンツ】シングルフラムドミル

こんにちは。ドラム講師の山本哲也です。

ここは当ブログの管理人である山本哲也(やまてつ)についてのプロフィールになります。管理人がどんな人間かここで紹介しています。

ルーディメンツの記事もようやく折り返しになってきました。

今回はフラムルーディメンツですが、同じ音型だけど手順が違うシリーズを
やってみようかと思います。

ということは次の記事は大体予想がつくかと思います(笑)

譜面はこちらです。

シングルフラムドミルの譜面

スポンサーリンク

シングルフラムドミルのポイント

このシングルフラムドミルはフラムパラディドルと音型は同じですが手順が全然違います。

こんにちは。ドラム講師の山本哲也です。 前回はシングルフラムドミルを取り上げました。 まだ見てないという方はこちらから見...

フラムパラディドルは装飾音符を含めて4連打を叩くことを要求されますが、シングルフラムドミルは2連打しかないので簡単かつスピードアップしやすいルーディメンツです。

とは言うものの、アクセントの直後にタップストロークが来るのでアクセントを叩いた手を脱力させるのも忘れずに。

動画を載せておきます。

自分の場合はテンポが速くなったら、
3つ目の音符は振り上げながら叩きます。

でないと、次のアクセントが間に合わないです。

まずはゆっくりとやって音型を確認しながらやってみてくださいね。

シングルフラムドミルとフラムパラディドルを交互にやってみる

シングルフラムドミルとフラムパラディドルの手順に慣れてきたら、2小節ごとにそれぞれの手順に切り替える練習も面白いです。

いろんな手順をやることによって、対応力が増していきますよ。

シングルフラムドミルをパターンに取り入れる

ちなみに、シングルフラムドミルの手順をドラムセットに振り分けると面白いリズムパターンになります。

右手をハイハットまたはライド、左手をスネアにふり分けて叩くだけでも面白いパターンになります。

特に左手のアクセントからのゴーストノートは練習しないとなかなか出来ないので念入りにやるといいでしょう。

本日も最後まで読んでくださいまして、ありがとうございました!

*ドラムレッスンを東京近辺で展開中!!無料レッスン受付中!!*

現在、東京都内(主に新宿、秋葉原)を中心にレッスンをしています。 レッスン形式 レッスンは貸しスタジオでのレッスンとなります。 スタジ...

スポンサーリンク

シェアする

フォローすると更新情報を見逃しません

スポンサーリンク