【ルーディメンツ】シングルドラガディドル

こんにちは。ドラム講師の山本哲也です。

ここは当ブログの管理人である山本哲也(やまてつ)についてのプロフィールになります。管理人がどんな人間かここで紹介しています。

今回も引き続きルーディメンツをやっていきます。
今回はPASルーディメンツ40個の中でも
おそらく一番難しいルーディメンツの
シングルドラガディドルをやっていきます。

正直、実践ではあまり出てこない動きのため
慣れるまでに一番時間がかかるものですが、
あきらめずにやってみましょう。

ただ一般的に普通の人が出来ないことが出来るということは
明らかな差が出来るチャンスとも言えます。
実際にこれができるとかなりの
スティックコントロール力がついていると言えます。

進歩は人それぞれなので、まずはゆっくりと
やってみましょう。

では譜面はこちらになります。

35_single_dragadiddle

スポンサーリンク

要脱力!アクセント付きのドラッグ

で、このルーディメンツなんですが何が難しいかというと
アクセント付きのドラッグの部分です。

全体的な形はパラディドルと一緒なんですが、
このアクセント付きのドラッグのおかげで
難易度がかなり跳ね上がっています。

このドラッグの攻略法は感覚としては
「アクセントを叩いた瞬間に力を抜く」
という感じが一番いいです。

そして叩くときは少しスティックを押し付ける
ようにやると2打目がコントロールしやすいでしょう。

こればっかりは感覚的なところなので、
練習あるのみなんですが自分の場合は
このルーディメンツを練習するときは
気持ちフレンチグリップ気味に叩くことが多いです。

ちなみにこのアクセント付きのドラッグなんですが、
例えばバックビートを叩いた後のゴーストノートを叩くときの
動きに結構似ています。

また動きもパラディドルそのものなので応用練習も
パラディドルの応用練習に当てはめることもできます。

動画ではちょっと早めにやってますが、
まずはゆっくりでいいので感覚をつかめるまで
やってみてください。

また最初はパラディドルだけやって、
次にシングルドラガディドルに切り替える練習も効果的です。
是非、挑戦してみてくださいね。

本日も最後まで読んでくださいまして、ありがとうございました!

*ドラムレッスンを東京近辺で展開中!!無料レッスン受付中!!*

現在、東京都内(主に新宿、秋葉原)を中心にレッスンをしています。 レッスン形式 レッスンは貸しスタジオでのレッスンとなります。 スタジ...
スポンサーリンク

シェアする

フォローすると更新情報を見逃しません

スポンサーリンク