【ルーディメンツ】シングルドラッグタップ

こんにちは。ドラム講師の山本哲也です。

ここは当ブログの管理人である山本哲也(やまてつ)についてのプロフィールになります。管理人がどんな人間かここで紹介しています。

今日はルーディメンツの続きです。まだ見てない方はこちらからぜひどうぞ。

こんにちは。ドラム講師の山本哲也です。 先日、大急ぎでルーディメンツの動画を撮ったので早速あげていきたいと思います。 今...
こんにちは。ドラム講師の山本哲也です。 前回はドラッグという即戦力のルーディメンツを紹介しました。 まだ見てない方はぜひ...

今日もドラッグ系のルーディメンツです。

そろそろフラムとかパラディドルをあげてくれって思うドラマーもいるかとは思いますが少々お待ちください。

今回はシングルドラッグタップです。

譜面はこちらになります。

32_single_drag_tap

wikipedia参照

スポンサーリンク

手順はパラディドル?

さてこのシングルドラッグタップですが、基本はドラッグを一回叩いたら別の手でアクセントを一つ叩くだけなんですが、手順をよく見ると何かに気づきませんか?

そうです!

この手順は何とパラディドルそのものなんです!?

以前こんな記事も書きました。

ルーディメンツができないドラマーはここで紹介している3つのルーディメンツから練習しましょう。ルーディメンツの歴史や譜面をダウンロードできるサイト。さらにはルーディメンツの応用に欠かせない教則本も紹介しています。

まさに3つの手順の応用でして、単にパラディドルのリズムとアクセントの位置を変えているだけなんですね。

ですので、基本的にはパラディドルができればシングルドラッグタップもできるはずです。

動画は少し遅めにやっています。

テンポが速くなってきたら、ドラッグを叩きながらスティックを上げるようにするとアクセントが叩きやすくなります。

その際、肘を少し開くようにしてスティックを持ち上げるようにすると上手くいきます。

コツがわかってしまえばすぐにスピードアップもできるかと思います。

ぜひ挑戦してみてください。

本日も最後まで読んでくださいまして、ありがとうございました!

*ドラムレッスンを東京近辺で展開中!!無料レッスン受付中!!*

現在、東京都内(主に新宿、秋葉原)を中心にレッスンをしています。 レッスン形式 レッスンは貸しスタジオでのレッスンとなります。 スタジ...
スポンサーリンク

シェアする

フォローすると更新情報を見逃しません

スポンサーリンク