【ルーディメンツ】シングルドラッグタップ

こんにちは。テツヤマモトです。

プロフィール
ここは当ブログの管理人であるテツヤマモトについてのプロフィールになります。管理人がどんな人間かここで紹介しています。

今日はルーディメンツの続きです。まだ見てない方はこちらからぜひどうぞ。

【ルーディメンツ】ドラッグ
ルーディメンツのドラッグについて紹介しています。譜面だけではなく演奏のコツについても書いていますので、ぜひ一度読んでみてください。
【ルーディメンツ】レッスン25
ルーディメンツのレッスン25について紹介しています。名前の由来や演奏のコツも書いているので、興味があればぜひ読んでみてください。

今日もドラッグ系のルーディメンツです。

そろそろフラムとかパラディドルをあげてくれって思うドラマーもいるかとは思いますが少々お待ちください。

今回はシングルドラッグタップです。

譜面はこちらになります。

32_single_drag_tap

wikipedia参照

スポンサーリンク

手順はパラディドル?

さてこのシングルドラッグタップですが、基本はドラッグを一回叩いたら別の手でアクセントを一つ叩くだけなんですが、手順をよく見ると何かに気づきませんか?

そうです!

この手順は何とパラディドルそのものなんです!?

以前こんな記事も書きました。

ルーディメンツは3つだけ覚えれば全てできますよ
ルーディメンツができないドラマーはここで紹介している3つのルーディメンツから練習しましょう。ルーディメンツの歴史や譜面をダウンロードできるサイト。さらにはルーディメンツの応用に欠かせない教則本も紹介しています。

まさに3つの手順の応用でして、単にパラディドルのリズムとアクセントの位置を変えているだけなんですね。

ですので、基本的にはパラディドルができればシングルドラッグタップもできるはずです。

シングルドラッグタップをやってみた

動画は少し遅めにやっています。

テンポが速くなってきたら、ドラッグを叩きながらスティックを上げるようにするとアクセントが叩きやすくなります。

その際、肘を少し開くようにしてスティックを持ち上げるようにすると上手くいきます。

コツがわかってしまえばすぐにスピードアップもできるかと思います。

ぜひ挑戦してみてください。

本日も最後まで読んでくださいまして、ありがとうございました!

コメント