リーリトナーの「Rio」を聴いてみた

  1. Rainbow
  2. San Juan Sunset
  3. Rio Funk
  4. It Happens Everyday
  5. Ipanema Sol
  6. Simplicidàd
  7. A little Bit of This and a Little Bit of That

こんにちは。テツヤマモトです。

今日は自分が大学生の頃に通ってたドラムスクールでのレッスンで練習した曲について書こうと思います。

その曲の名前は「Rio Funk」
という曲で作曲者はフュージョン界の重鎮ギタリストのリー・リトナーです。

スポンサーリンク

ブラジリアンリズムを取り入れた楽曲群

リー・リトナーは70年代からジャズ・フュージョン界で常に一線を走り続けてるギタリストです。

彼の初期の頃の曲は全体的にブラジルのリズムを多く取り入れている特徴があります。

この「Rio Funk」も例外ではなく、フュージョンのリズムの中にもどこかブラジルの香りのするリズムだったりパターンを聴くことができます。

フュージョンというとユニゾンばっかりのテクニカルな印象を受けることが多いのですが、このアルバムはそういったことを一切感じることなく最後までスムーズに聴くことができます。

Lee Ritenour ft. Marcus Miller – Rio Funk

マーカス・ミラーに隠れがちな秀才

で、当時レッスンでやったこの「Rio Funk」ですが世間の評価としては、どうしてもマーカス・ミラーばっかり目が行きます。

やはり大御所ベーシストだし自分も好きなので仕方ないのですが、この曲をたたいたバディ・ウィリアムスというドラマーも素晴らしいグルーヴを持っています。

彼のドラミングは他のフュージョンドラマーとは違ってテクニカルではなく、影の薄いイメージがあるのですがそんなことはありません。

絶対に曲の邪魔をするようなプレイはせず、その中でもどこか個性的なパターンやフィルインを入れることによってしっかりと「しるし」を残しています。

実際、テーマの後半で聴かせてくれるドラムパターンはテクニック的にも音楽的にも刺激的です。

そのリズムパターンは実際に聴いてみないとイメージがつかみにくいのですが、

「あぁ。ドラムでこんなことをやってもいいんだ!」

って思えるものです。

この曲がなければ、今ほど音楽やドラムについてオープンにはなれなかったのかなってつくづく思います。

ぜひ、一度聴いてみてください。

本日も最後まで読んでくださいまして、ありがとうございました!

コメント