オープンリムショットをマスターすればロックドラムはバッチリだぞ!!

snare20160616

こんにちは。テツヤマモトです。

今回は主に初心者向けの記事になりますが、意外と中級者あたりもできてないことについて書きます。

若いドラマーを見ているとリズムパターンは叩けるのに音が全然聴こえないというのが多いです。

この場合2拍4拍、つまりバックビートが全然聴こえないことがほとんどです。

これって非常にもったいない!って思うんですよ。

バックビートが聴こえないということはリムショットができてないということです。

でも、リムショットをしたくない気持ちってすごくわかるんですよね。

リムショットに失敗した時のあの「カチッ」って音が怖いんですよ。

自分もフィルインをしっかり決めたのに、パターンに戻った時の最初のスネアのリムショットを外した時は心が折れます(笑)

しかし、ロックドラマーにとってリムショットができないというのはハッキリ言ってダメです。

リムショットはコツさえつかめればすぐにできるので、ぜひこの機会にマスターしましょう。

スポンサーリンク

リムショットとは?

まずはリムショットって何?ってところから説明しましょう。

リムショットには「オープン・リムショット」「クローズド・リムショット」の2種類があります。

前者は主にバックビートを鳴らすために、後者はバラードやボサノヴァとかでよく使います。

オープン・リムショットとは?

スネアドラムにはヘッドの周りにリム(またはフープ)と呼ばれる金属の枠がついています。

このリムとヘッドを同時にたたくリムショットのことをオープン・リムショットといいます。

ヘッドだけをたたいた時と比べて、胴の鳴りも加わるので音圧が増します。

ロックやファンクでの「カーン!」とか「スパン!」といわゆるヌケる音というのはこれでたたいています。

またヘッドをたたく位置がリムによればよるほど高い音がでます。

マーチングではこれをピンショットと言いますね。

クローズド・リムショットとは?

これに対し、スティックをヘッドにつけてリムだけを叩く奏法をクローズド・リムショットと言います。

よくボサノバやレゲエなんかで聴かれる「カッ!」と歯切れのいい音がそれです。

クローズドリムショットに関してはこちらの記事でまとめています。

オープンリムショットのメリット

そもそもオープンリムショットをするべき理由は何でしょう?

これは単にそのほうがスネアが鳴るからです。

ロックやポップスでは、スネアとバスドラムでビートを出すのが基本です。

なので、スネアの音が他の楽器に埋もれてしまうようではいけません。

スネアとバスドラムが鳴らせるようになったら以前、書いたこの記事のようにハイハットの音量バランスも意識してみましょう。

オープンリムショットと普通に叩いた場合の音の比較をしてみた。使い分けが肝心です。

動画ではリムショットをした場合とそうでない場合で叩き比べてみました。

音圧が全然違いますよね?

オープンリムショットのしっかりたたくコツと練習法

では、オープンリムショットをうまく叩くコツと練習法を書いてみます。

リムショットは点ではなく面でたたく

オープンリムショットができないのは多くの場合、スティックの先だけでたたこうとするからです。

いわゆる「点」ですね。

しかし、オープン・リムショットはヘッドとリムを同時にたたくため「点」ではなく、スティックのショルダーを含めた「面」でたたくようにするとうまくいきます。

またスネアのセッティングも意識しましょう。

スネアのセッティングについては、下記の記事に書いています。

アクセント移動をリムショットでやってみる

ドラムの基礎練習の中にアクセント移動の練習というのがあります。

例えば16分音符のアクセントなら1つ目、2つ目と1小節ごとに変えて叩くというものです。

このときのアクセントをリムショットで叩くのが一番の練習です。

また3連符でやると右手左手でアクセントを叩く手が変わるので、さらにおすすめです。

ハイハットやライドの音量を下げる

これはリムショットをうまく叩くコツというよりもスネアの音をうまく聴かせるコツになります。

単純にハイハットやライドを弱く叩くだけなんですが、これによってよりハッキリとスネアが聴こえるというものです。

でも実はこれって意外と難しいんですよね。

初心者の場合、リズムパターンがガチャガチャ聴こえるのは

  • スネア
  • バスドラム
  • ハイハット(ライド)

この3点のバランスが悪いです。

以前にもこの記事で書きました。

しかし、これができるようになるとリムショットがさらに効果的になってきます。

リムショットを使わないという選択肢ももっておく

ここまで、リムショットは必ずできるようになっとけ!と口酸っぱく言っていうのもなんですが、リムショットをしないという選択肢も持っておきましょう。

音楽には元気な曲もあれば静かな曲もあります。

ロックであればバックビートはすべてリムショットでもいいかもしれません。

ですが、静かなバラードでいきなり「カーン!!」ってリムショットをするのもいかがなものかと思います。

なので、音楽にあわせてリムショットをしないという感覚も身につけておくのも上達の要因です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

リムショットはロックの基本なので必ずマスターしておきましょう。

これができるようになるだけで、あなたのドラムサウンドに説得力をもたせることができます。

ぜひ、練習してみてくださいね。

本日も最後まで読んでくださいまして、ありがとうございました!

コメント