練習パッドが欲しい初心者のためにオススメの練習パッドをまとめてみた

こんにちは。山本哲也です。

先日、友人の知り合いが
ドラムを始めたということで、
「練習パッドが何がいいの?」
と聞かれました。

たしかに練習パッドは一つは
持っておいたほうがいいでしょう。

というのも、自宅の環境がよほど恵まれてないと
生ドラムで練習はできません。
できたとしても、電子ドラムぐらいです。

しかし、電子ドラムはとても高価な上に
マンションやアパートで練習するのは
時間も限られてしまいます。

そうは言っても、練習パッドって
いろいろあるので、どれを買ったらいいのか?
わからないですよね。

そこで今日は自分が今まで使ってきた
練習パッドをいくつか紹介してみようと思います。

ですが、そもそも練習パッドで
どうして練習するのかを
まずは書こうと思います。

スポンサーリンク

練習パッドには2つの種類がある

練習パッドと一口に言っても、
様々な種類の練習パッドがありますが、
大きく分けて2種類があります。

一つはリバウンドコントロールの習得用。
もう一つは手首の強化用です。

リバウンドコントロール用の練習パッド

これは素材がウレタンなどの硬いもので
できているのでスティックがよく跳ねます。

なので、ルーディメンツを練習する際に
よく使います。

初心者であれば、このタイプの練習パッドと
ルーディメンツの教則本があれば
自宅での練習に困ることはないでしょう。

教則本ならこれがオススメです。

ルーディメンツが上達したければ、マーチングソロを練習するのが一番です。ここでは150のマーチングソロを収録したオールアメリカンドラマーという教則本を紹介しています。

またリバウンドの感覚を養うためにも
このタイプの練習パッドは一つは
もっておいた方がいいでしょう。

今回紹介するのはこのタイプの
練習パッドになります。

手首の強化用の練習パッド

これはさっきのものとは反対に
スティックを落としても
全然跳ねないタイプになります。

いわゆるノーリバウンドってやつですね。

リバウンドしないということは
当然スティックを自分で引き上げなければ
なりません。

なので、こちらのタイプは
手首の強化用に使います。

自分は持ってないのですが
このタイプで有名な練習パッドは
R-TOM社製のムーンジェルパッドですね。

個人的にオススメなのは枕です。
低反発性の枕だとさらにいいですね

こんにちは。山本哲也です。 以前に書いた練習パッドの記事がなかなか好評でした。 しかし、その練習パッドの音ですら迷惑 という環境の...

意外と定番?Real Feel

さて、話を戻します。

自分が初めて買った練習パッドが
このReal Feelです。

なぜこれだったか?っていうと、
当時、毎日見ていたデイヴ・ウェックルの
教則ビデオで、ウェックルが使ってたものが
これだったんですね。

たたいた感触は生ドラムよりも
リバウンドが強いです。

なので、リバウンドコントロールの練習や
ルーディメンツの練習に効果的です。

特に初心者の方はダブルストロークを練習する時に
リバウンドをうまくひろえなかったり、
ルーディメンツがまだ未熟な場合が多いので
そういう意味ではかなりオススメです。

専用のスタンドに取り付けられるものや、
スネアドラムの上に乗せられるものもあるので、
自宅の環境に合わせて買うのがいいでしょう。

音楽学校時代のお供。YAMAHA

次によく使ってたのが、これです。

個人的には音楽学校時代に大変お世話になったものです。

これは他の練習パッドと違って
フープもついているので、
リムショットの練習もできます。

ロックの基本!!オープン・リムショットをキメるコツについて書いています。ロックにおいてバックビートが聴こえないのは致命傷です。ぜひ、この記事を読んで練習しましょう!

消音性ももちろんあります。前述の
Real Feelよりはリバウンドは若干抑えられています。

値段は普通の練習パッドよりは高いですが
実はスタンド込の値段なのでお買い得です。

また表面が実際のヘッドを使ってるので、
ジャズでブラシの練習がしたいときにも
オススメです。

携帯性抜群の練習パッド VATER

で、今自分が持っているのが
このVATERの練習パッドです。

最初に紹介したReal Feelよりは
リバウンドは抑えめですが、
個人的にはこれが実際の打感に一番近いです。

サイズも小さいので大きめの
スティックケースの中にもスッポリ入ります。

自分はライブ前にウォーミングアップを
したいときに結構使ってます。

というわけで、自分が今まで使ってきた
練習パッドはこの3種類になります。

この他にもいろんな練習パッドがあるので、
実際に楽器屋で試奏してから選ぶといいでしょう。

本日も最後まで読んでくださいまして、
ありがとうございました。

2016/5/31 追記
今、自宅で使っているのはVATERではなく、
このprologixになります。

こんにちは。山本哲也です。 今日は最近導入した新しい練習パッド について書こうと思います。 そもそもなんでまた新しい練習パッドを 買おうというこ...

こちらの方も消音性がかなり高いのでオススメです。

スポンサーリンク

フォローすると更新情報を見逃しません