休符にバスドラムを入れたものを応用してみる ~典型的なコンビネーション~

こんにちは。ドラム講師の山本哲也です。

ここは当ブログの管理人である山本哲也(やまてつ)についてのプロフィールになります。管理人がどんな人間かここで紹介しています。

前回は休符の移動にバスドラムを
入れた練習法を紹介しました。

まだ見てないとか初めての方はこちらからどうぞ

こんにちは。ドラム講師の山本哲也です。 前回は休符の移動ということで挙げてみました。 まだ見てないよとか今回初めての方は...

で、これがコンビネーションプレイの基本と言うことで
前回書いたかと思います。

コンビネーションプレイって聴くと、

「なんだか複雑で難しいそうだな」

と思いますが、
そういうプレイを見たり聴いたりすると、
自分でもやってみたいと思いますよね?

そこで今回は前回の基本の形を元に
典型的なコンビネーションプレイを紹介します。

前回の譜面で見ると4番目の形ですね。
16分音符の4つ目にバスドラムを入れた形です。

動画では自分のセッティングの都合上、
3点セットです。

基本の形をキープしつつ、両手をタムに
展開しています。

動画のテンポはゆっくりでやっていますが、
徐々に速くなってくるとバスドラムが詰まったり
そもそも追いつかなかったりするので(苦笑)、
まずは基本の形をしっかりと体に覚えこませましょう。

そしてそれを元にして、バスドラムを2つ入れたり3連譜で展開したりしてみます。

応用は基本ができてからです。

ご参考までに、自分が大好きなデイヴ・ウェックルもこうした
コンビネーションプレイの名手なので、
関連作品を聴いてみるのもいいでしょう。

Inside Out Make A Wish - Part 1 Make A Wish - Part 2 St...
Wake Up Braziluba Like That Mild Hysteria Group Ther...

次回は実際にこの形を使ってちょっとしたフィルインなんかを
紹介したいと思います。

本日も最後まで読んでくださいまして、ありがとうございました!

*ドラムレッスンを東京近辺で展開中!!無料レッスン受付中!!*

現在、東京都内(主に新宿、秋葉原)を中心にレッスンをしています。 レッスン形式 レッスンは貸しスタジオでのレッスンとなります。 スタジ...
スポンサーリンク

シェアする

フォローすると更新情報を見逃しません

スポンサーリンク