休符にバスドラムを入れてみる

こんにちは。ドラム講師の山本哲也です。

ここは当ブログの管理人である山本哲也(やまてつ)についてのプロフィールになります。管理人がどんな人間かここで紹介しています。

前回は休符の移動ということで挙げてみました。

まだ見てないよとか今回初めての方はこちらからどうぞ。

こんにちは。ドラム講師の山本哲也です。 以前にアクセントの移動を紹介したかと思うんですが、 今回はその応用編です。 アクセント...

で、今回はそれをさらに一歩進めて、
休符の位置にバスドラムを入れます。

基本的なコンビネーションの譜面の画像

譜面にするとこんな感じです。

バスドラムがハシったりモタったりしないようにしっかりと16分音符の位置に入れるようにしましょう。

慣れてきたら、左足は4分で踏みます。
左足を入れてバランスが崩れたりしないようにしましょう。

しっかりと4分音符を意識することが大事です。

動画では実際に譜面どおりにやっています。

スネアだけではなくタム等でやっても
いいでしょう。

16分音符のどの位置にバスドラムが来ても、
16分音符の流れが崩れないようにする

のが肝心です。

これは色んなコンビネーションプレイをやる
際の基本中の基本
です。

是非、マスターしていきましょうね。

本日も最後まで読んでくださいまして、ありがとうございました!

*ドラムレッスンを東京近辺で展開中!!無料レッスン受付中!!*

現在、東京都内(主に新宿、秋葉原)を中心にレッスンをしています。 レッスン形式 レッスンは貸しスタジオでのレッスンとなります。 スタジ...
スポンサーリンク

シェアする

フォローすると更新情報を見逃しません

スポンサーリンク