16分休符の移動にバスドラムを入れてみる

こんにちは。テツヤマモトです。

プロフィール
ここは当ブログの管理人であるテツヤマモトについてのプロフィールになります。管理人がどんな人間かここで紹介しています。

前回は休符の移動ということで挙げてみました。

まだ見てないよとか今回初めての方はこちらからどうぞ。

ドラム基礎練習!!16分休符の移動をやってみよう
ドラムの基礎練習の1つ。16分休符の移動練習を紹介しています。アクセント移動に比べると最初はとっつきにくいですが、慣れればすぐにできるようになります。リズムキープやフレーズの制度を高めたいドラマーは一度読んでみてください。

で、今回はそれをさらに一歩進めて、休符の位置にバスドラムを入れます。

基本的なコンビネーションの譜面の画像

譜面にするとこんな感じです。

バスドラムがハシったりモタったりしないようにしっかりと16分音符の位置に入れるようにしましょう。

慣れてきたら、左足は4分で踏みます。左足を入れてバランスが崩れたりしないようにしましょう。

しっかりと4分音符を意識することが大事です。

休符にバスドラムを入れてみる

動画では実際に譜面どおりにやっています。

スネアだけではなくタム等でやってもいいでしょう。

16分音符のどの位置にバスドラムが来ても、16分音符の流れが崩れないようにする

のが肝心です。

これは色んなコンビネーションプレイをやる際の基本中の基本です。

ぜひ、マスターしていきましょうね。

本日も最後まで読んでくださいまして、ありがとうございました!

コメント