ついつい出る手クセを格好の練習素材に変える方法

weights-652486_1280

こんにちは。ドラム講師の山本哲也です。

ここは当ブログの管理人である山本哲也(やまてつ)についてのプロフィールになります。管理人がどんな人間かここで紹介しています。

前回はドラムが下手な人の特徴について書いてみました。

ドラムが下手だと言われているなら、まずはこの記事の中の対策をするだけで改善します。バンドにおけるドラムの重要性を踏まえた上で下手なドラマーの特徴をそれぞれあげています。ただあげるだけではなく、それぞれの問題に対する対策もまとめています。

さて、今回は「手クセ」を格好の練習素材に変えるってことですが、要は普段意識してないところを意識しながら練習すればいいわけです。

普段何気なくできるものに何かしらの負荷をかけさえすれば練習になるので、案外練習することって結構あるんですよね。

そこで前回の内容を踏まえて、手クセでも練習になるような負荷の種類をあげていこうと思います。

スポンサーリンク

負荷の種類は3つある

さて、その負荷の種類についてはざっとあげてみるとと3つぐらいあります。他にもあるかと思いますが、基本的にはこの3つです。

  1. クリックの位置を変える
  2. フレーズの順番を変えてみる
  3. 音符を変えてみる

1.クリックの位置を変える

8分音符や16分音符のウラなどの普段意識してないポイントを鳴らして練習してみましょう。

いかに自分がリズムのウラを意識してないのかが思い知らされる練習です(笑)

本当に手クセとして身についているのならば、どこでクリックが鳴っていようとリズムキープできるはずです。

本当の意味で「手クセ」になってるかどうか?を、調べるための練習にもなります。

クリック練習についてはこんな記事を書きました。

クリック練習のやり方とバリエーションについて書いています。まずはクリック練習はどうしてやらなきゃいけないのか?クリックをオモテに鳴らすだけの練習がなぜなんの意味もないのか?そして実践編ということで8分音符のウラや2拍目4拍目のいわゆるバックビートの位置。そして16分音符の4つ目として捉える練習法を動画を交えて説明しています。またクリック練習はギターやベースもやったほうが理由を最後に一言書いています。クリックにはなんとなく合わせられるが上達の実感がないというドラマーや他パートの方にもぜひ一度読んで頂けたらと思います。

2.フレーズの順番を変えてみる

2は例えば「タントン・タカトン」というフレーズがあったとしたら、それを逆にしてやってみるとかです。

そこに何かしらインパクトや発見があるのならぜひ、そのパターンも習得してみましょう。

これはフィルインやドラムソロのバリエーションを増やす方法にもなります。

3.音符を変えてみる

普段16分音符で演奏しているフレーズを3連譜でやってみたりすると、途端に難しくなる場合があります。

身近なフレーズを元の音符を変えるだけでとんでもないポリリズムなることはよくあるんですよね。

ポリリズムに関しては、こちらの記事をどうぞ。

ポリリズムがわかるとリズム感が向上したりトリックプレイができるようになります。入門として2拍3連と4拍3連を譜面と動画を使ってどう捉えるか書いています。ドラミングの幅を広げたいと思うドラマーはぜひ一度挑戦してみてください。

「できること」を「よりできること」に変えていけるように練習しましょう!

本日も最後まで読んでくださいまして、ありがとうございました!

*ドラムレッスンを東京近辺で展開中!!無料レッスン受付中!!*

現在、東京都内(主に新宿、秋葉原)を中心にレッスンをしています。 レッスン形式 レッスンは貸しスタジオでのレッスンとなります。 スタジ...
スポンサーリンク

シェアする

フォローすると更新情報を見逃しません

スポンサーリンク