大音量でも埋もれない!AカスタムのRezorideを紹介してみる

Acustom RezoRideの画像

こんにちは。テツヤマモトです。

プロフィール
ここは当ブログの管理人であるテツヤマモトについてのプロフィールになります。管理人がどんな人間かここで紹介しています。

今日は自分が使ってる機材を紹介してみます。というわけでまずはライドシンバルから!

スポンサーリンク

Aカスタム RezoRide

写真がそのライドでして、買った当時はもう少しキラキラ感がありました。

しかしこのライドシンバルは自分が持っている機材の中でも衝動買いしたのはこれが初めてでした。

これを買った当時は「SUNPLOT」というロック系のバンドをやってたので、ビートを刻む時はもっとハッキリとした明るい音が欲しい!という狙いがあったのもあります。

よくスタジオに常設してるライドシンバルって20インチのものが多いのですが、これは21インチになります。

なので、大音量の中でも埋もれることはありません。

またカップも大きめに作られてるので、カップを外しやすいドラマーでも叩けます(笑)。

Aカスタムはとにかくハッキリとした音色

Aカスタムはとにかくハッキリとした音色のシンバルが多いです。

ジャズ系をやるには少し明るすぎるかもしれませんが、基本的などんなジャンルでも使えます。

スプラッシュシンバルもこのAカスタムで揃えました。

念願のスプラッシュシンバル。A CUSTOM 10inch SPLASHを買ってみた
こんにちは。テツヤマモトです。ついに、スプラッシュシンバルを買いました。スプラッシュシンバルとは、エフェクトシンバルの一種です。通常のクラッシュシンバルよりもサイズが小さいもので、音量は小さく高い音が出るのが特徴です。そ...

もし、あなたが組んでいるバンドで明るい曲が多いのなら迷わずこのライドシンバルをおすすめします。

ぜひ、試してみてくださいね。

本日も最後まで読んでくださいまして、ありがとうございました!

コメント