歌モノのドラムのコツって自分が歌って気持ちいいかどうかじゃない?

こんにちは。ドラム講師の山本哲也です。

ここは当ブログの管理人である山本哲也(やまてつ)についてのプロフィールになります。管理人がどんな人間かここで紹介しています。

先日、大阪に「Red Spiral Sheep」でライブしてきました。

こんにちは。ドラム講師の山本哲也です。 今年始まってから、一番大事なニュースを報告するのを忘れていました。 自分...

自分自身、関西でライブしたのは初めてだし加入してから最初のライブが地元ではないのも初めてです(笑)

さて、今日は久々に歌モノのバンドでライブして歌モノのドラムのコツを自分なりに考えてみました。

スポンサーリンク

インストバンドのイメージ

自分はご存じの通り「”CODOMO”SQUAD」というインストバンドもやっております。

こんにちは。ドラム講師の山本哲也です。 遅ればせながら、先日自分のバンドの動画を YouTubeにアップしました。 先...

世間一般でいうと、インストバンドのイメージってどうしてもジャズやフュージョンなどのテクニカルな方向になります。

もちろん、そのイメージは間違ってないですし、むしろ自分自身はそういったテクニカルな方がどちらかと言うと好きです。

好きなドラマーもテクニカルなドラマーが
わりと好きですからね。

Wake Up Braziluba Like That Mild Hysteria Group Ther...

インストバンドって名前の通りボーカルの
いない楽器だけの編成なので、どうしても個々のパートのテクニックや表現力は高い
傾向にあります。

なので、世間ではどうしてもテクニカルかつオタクな方向に目を向けるのかなと思います。

メロディを歌う

しかし、だからといってインストバンドがいかに6連符や32分音符を詰め込むことに執着してるのか?っていうとそうではありません。

あくまでも歌やメロディを意識してる点は歌モノでもインストでも共通です。

それが人間の声か楽器の音かの違いだけです。

自分はインストでも歌モノでもドラム
パターンを考えて作る際は

「自分がこのドラムを叩きながら、あるいは聴きながらメロディを歌えるかどうか?」

で作ります。

自分が歌えないドラムをボーカルが聴いて
歌えるわけがありません。

逆を言えば、自分が歌えるドラムであればボーカルも歌うことができます。

この点をしっかり意識できるようになると、パターンやフィルインはもちろん強弱なんかも気になってくるので夜も眠れなくなります(笑)

ただ、これがしっかりハマってくると他のドラマーと一線を引くことができますよ。

ぜひ考えてみてください。

本日も最後まで読んでくださいまして、ありがとうございました!

*ドラムレッスンを東京近辺で展開中!!無料レッスン受付中!!*

現在、東京都内(主に新宿、秋葉原)を中心にレッスンをしています。 レッスン形式 レッスンは貸しスタジオでのレッスンとなります。 スタジ...
スポンサーリンク

シェアする

フォローすると更新情報を見逃しません

スポンサーリンク