左足強化!お手軽にツーバスの左足を強くする練習法がこれだ。

こんにちは。山本哲也です。

今年から加入しているRed Spiral Sheepですが、“CODOMO”SQUADとは違ってロックよりの歌ものバンドになります。

こんにちは。山本哲也です! 今年始まってから、一番大事なニュースを報告するのを忘れていました。 自分のブログを普段から見ている方なら、知っているとは思いま...

求められるテクニックもフィジカルなものになるので体力作りも欠かせません。

さて、このRed Spiral Sheepですが、元々は自分のライバルがドラマーを勤めてたわけなんですが、彼のプレイを見て直感で欲しいなと思った要素があります。

それが今回のタイトルにも書いた
「ツーバス」です。

今日はそのツーバスにおいて壁となる
左足の練習法について書きます。

自分自身もツーバスでの演奏は久しぶりなので、自分への戒めも込めて(笑)書いていきます。

注意:題名は左足と書きましたが、左利きのドラマーの場合は右足と逆に読み変えていただければと思います。

スポンサーリンク

そもそもツーバスとは?

その前にこのブログはおそらくドラマー以外の方も見てるかと思うので、まずはそもそも「ツーバスって何?」ってところから書きます。

ツーバスとは本来は右足でしか鳴らせない
バスドラムをツインペダルという特殊な機材やもうひとつバスドラムをつけることによって両足でバスドラムを鳴らす奏法
です。

バスドラムの連打による重低音の迫力とインパクトのあるフレーズが作りやすいのが魅力です。

元々はジャズドラマーのルイ・ベイソンが
「何か他のドラマーとは違うことは出来ないか?」ということで始まったのがキッカケです。

今ではヘビィメタルを中心にテクニックも
発展しており、ものすごい速さで踏むのは
もちろんタムやスネアとのコンビネーションプレイも複雑化しています。

以前紹介したドリームシアターの(今は元ですが)マイク・ポートノイもツーバスの名手としてあげられます。

Pull Me Under Another Day Take The Time Surrounded Metropolis,...

まずは感覚を養う

そんなツーバスですが、最初の課題として出てくるのが「左足」です。

当然と言えば当然なのですが、今までずっとハイハットペダルの上にしか置いていなかった左足でそもそもバスドラムを鳴らすということ自体が最初の課題です。

となると、まずは左足でバスドラムを鳴らすという感覚自体を養うのが最優先です。

わかります!わかりますよー!

いきなりメタリカのバッテリーみたく
ドコドコ踏みたくなる気持ちわかります(笑)

でも、ここはその気持ちを抑えてまずはこの感覚を養うということやってみてください。

左足でパターンを踏む

じゃ感覚を養うために何を練習するか?

それは

「普段の8ビートのバスドラムを左足でプレイする」

です。

シンプルと言えばシンプルなんですが、
意外と効果あります。

ビートルズの様なシンプルな8ビートでいいのでバスドラムを全て左足で踏みます。

以前紹介したポリスの「見つめていたい」も程よいテンポなので練習にはもってこいでしょう。

名曲「Every Breath You Take」が収録されたこのアルバムからポリスというバンドの音楽性やその魅力をドラマー視点で解説しています。最高傑作にふさわしいこのアルバムを知らなければモグリって言われちゃいますよ?

これ、特にツインペダルでやるとわかるんですけど右足で踏むよりもほんの少し遅いので左足で踏んでもジャストになるように感覚を研ぎ澄ませます。

慣れてきたら、以前紹介したシンコペーションブックでの練習も悪くありません。

こんにちは。山本哲也です。 前回はシンコペーションブックを使って アクセント移動の応用をやってみました。 まだ読んでない方はこちらの記事を ご覧...

これでまずは左足でバスドラムを鳴らすという感覚を養ってみてください。

次回以降、また少しずつ自分がやってきた練習法を紹介していきますね。

本日も最後まで読んでくださいまして、
ありがとうございました!

スポンサーリンク

フォローすると更新情報を見逃しません