練習パッドでの練習とスタジオでの練習の違いを考えてみた

2013-11-24 09.48.44

こんにちは。テツヤマモトです。

プロフィール
ここは当ブログの管理人であるテツヤマモトについてのプロフィールになります。管理人がどんな人間かここで紹介しています。

先日、友人とこんな話をしてました。

練習パッドでの練習って意味ないですよね?
やっぱスタジオ行って練習するのが一番でしょ?

ごもっともです。

たしかにドラムが上手くなりたければ、生ドラムの練習時間を増やすしかありません。

やっぱり練習パッドだけでは限界があります。

しっかりとしたダイナミクスや手足を絡めたフレーズの練習は生ドラムで練習するのが一番でしょう。

しかし、練習パッドでも練習内容を間違えなければ意味はあります。

そこで今日はそんな練習パッドでの練習の利点とスタジオでの練習についてまとめます。

スポンサーリンク

防音対策も電子ドラムもお金がかかる

日本の住宅事情を考えると、自宅でドラムセットで練習するには防音・防振対策をするか、電子ドラムを使うしかありません。

今はRolandのv-drumsYAMAHAのDTXなど、すばらしい電子ドラムがあるのでお金があれば投資と思って買うのもひとつの手です。

電子ドラム練習は内蔵音源に合わせてやると楽しいぞ
こんにちは。テツヤマモトです。 ドラマーに限らず、楽器をやる人なら誰でも基礎練習というのは避けては通れないものです。 基礎無くして応用は出来ません。 最近のニュースの様に「杭が入っていないようなマンション」...
コンビネーションを強化するなら電子ドラムを使おう
こんにちは。テツヤマモトです。 突然ですがコンビネーションって言うとよくある右手→左手→足の3連打を思い浮かべると思います。 それもそうですが、実はリニアパターンもコンビネーションに含まれます。 リニアとは「線」と...

しかし、防音対策も電子ドラムも初期投資が高額なので、すぐにできる対策という意味では現実的ではありません。

環境によっては電子ドラムすら難しいでしょう。

練習パッドの2つの利点

そこで練習パッドの出番となります。

練習パッドの利点は主に2つあります。

  1. 生ドラムと比べて、音量もサスティン(響き)も小さいのでマンションなどで練習しても迷惑になりにくい。
  2. 基本的にコンパクトに作られているので、持ち運びやすく、どこでも手軽に練習できる。

1番についてはサスティンが生ドラムよりも短い分、リズムの「点」がハッキリみえます。

「点」というのは、うまく説明しにくいのですが、たたいた瞬間のことだと思ってください。

生ドラムだと、このリズムの「点」がぼやけやすいんですね。

ハイハットでパターンをたたくとテンポが安定しているのに、ライドシンバルでたたくと急にテンポが安定しないドラマーがいます。

これはハイハットよりもライドシンバルの方がサスティンが長いので、リズムの「点」がとらえづらいんですね。

2番については、そのまんまですが練習パッドは基本的には携帯性に優れたものばかりです。

なので、いつでもどこでも練習できるのが利点ですね。

スタジオではダイナミクスを練習する

じゃ、スタジオでの練習では何を練習するべきなのか?

一言でいうと

ダイナミクスを練習する

これに尽きます。

ダイナミクスとは日本語で音の強弱を意味します。

つまり「弱くたたく」とか「強くたたく」ですね。

ルーディメンツや手順の確認は練習パッドでも雑誌でも、なんならエアドラムでもできます。

しかし、ダイナミクスだけは生ドラムで練習するしかありません。

例えば、

「Aメロは大人しくして、Bメロから段々盛り上げよう」
「サビは元気よく叩いて、ここから下げよう」

等、こういったことを考えながら練習するのです。

たとえフレーズがシンプルであったとしても、ダイナミクスをしっかりつけていれば音楽として成立します。

まとめ

今日は練習パッドでの練習とスタジオでの練習の方向性について書いてみました。

この違いを踏まえて、ぜひ練習してみてください。

本日も最後まで読んでくださいまして、ありがとうございました!

コメント