ドラムのテクニックについて考えてみる

drums-923113_1920

こんにちは。ドラム講師の山本哲也です。

ここは当ブログの管理人である山本哲也(やまてつ)についてのプロフィールになります。管理人がどんな人間かここで紹介しています。

ドラムって始めのうちはガムシャラに練習すれば、ある程度できるようになります。

ただ、それ以上うまくなるためには、
テクニックを習得したり、
考え方を変えるのが一番なんですね。

今日はそれについて書いていきます。

スポンサーリンク

どれくらいのテクニックが必要か?

いきなりこう言うのもなんなのですが、自分よりテクニカルなドラマーはたくさんいます。

YouTubeを見てると、もはや人間レベルを
超えたドラマーはたくさんいます。

確かに、このテクニックが出来ないと表現できない!という音楽もあります。

実際、変拍子は変拍子自体を知らなきゃいけないし、
ポリリズムに関しても概念ぐらいはしっかりと
覚えておきたいものです。

変拍子では演奏する前にまずは聴き込むことが大事と言われます。ここでは変拍子の説明をしてから、曲を聴き込む理由をまとめた上でそれがどれだけ大事なのかも書いています。ドリームシアターなどの変拍子に挑戦するドラマーは一度読んでいただけるとお役に立てるかと思います。
ポリリズムがわかるとリズム感が向上したりトリックプレイができるようになります。入門として2拍3連と4拍3連を譜面と動画を使ってどう捉えるか書いています。ドラミングの幅を広げたいと思うドラマーはぜひ一度挑戦してみてください。

しかしそうは言っても、最低限8ビートと簡単なフィルインができれば、バンドやセッションはできます。

もちろん、バカテク系の音楽が好きでやりたいならばそれなりのテクニックは身に付ける必要はあります。

単純な動きを、どれだけ正確に出来るか?

ルーディメンツも片手ずつ動きを分解してみると、
「あぁ、右手はこういう動きになってるけど、
左手は右手とは違う動きになってる!」
と気付くことがあります。

両手、両足を交互に叩くだけでも、
「あれ?ちょっと足の方が早いかな?」
なんて思ったりもします。

でも、本当に大事なのは

「あぁ、右手はこういう動きになってるけど、
左手は右手とは違う動きになってる!」
「あれ?ちょっと足の方が早いかな?」

と、気づくことそのものなんです。

一番の理想はごくごく単純な動きの練習で気付くのがいいですね。

こんにちは。ドラム講師の山本哲也です。 今日はレッスン用の譜面を作ったり 整理したりと事務的な作業に少し 追われていました。 その中...

いわゆる超絶技巧というのは、それを極めたからこそ
できるものだと思っています。

こんにちは。ドラム講師の山本哲也です。 昨今、色んなドラマーが数多く輩出されています。 最近ですとマークジュリア...

まずは当たり前のことを当たり前にやる!

これを目指して頑張ってみましょう!

本日も最後まで読んでくださいまして、ありがとうございました!

*ドラムレッスンを東京近辺で展開中!!無料レッスン受付中!!*

現在、東京都内(主に新宿、秋葉原)を中心にレッスンをしています。 レッスン形式 レッスンは貸しスタジオでのレッスンとなります。 スタジ...
スポンサーリンク

シェアする

フォローすると更新情報を見逃しません

スポンサーリンク