かっこいいフィルインって何か考えてみた

fashion-1034035_1920

こんにちは。ドラム講師の山本哲也です。

ここは当ブログの管理人である山本哲也(やまてつ)についてのプロフィールになります。管理人がどんな人間かここで紹介しています。

前回は自分が今までやってきたフィルインの練習を書いてみました。

フィルインが叩けない初心者ドラマーもこの記事の4つの手順通りに練習すればすぐに叩けるようになります。4つの手順を紹介した上での注意点やフィルインが叩けたあとに何をすべきかも書いています。フィルインの練習方法がわからない方は一度読んでみて下さい。

今回はそれに付随してかっこいいフィルインとは何かを考えてみました。

スポンサーリンク

かっこいいフィルインとは曲に合っているか否か

自分が学生の頃はありがたいことに、サークルの先輩や後輩や学科の友人達そして両親から色んな音楽を紹介してもらい多くのジャンルの音楽に触れることが出来ました。

しかし、当時の自分はまだ未熟者だったためにそれを完全に受け入れることが出来ずに当時好きだったフュージョン系などのテクニカルな曲ばっか聴いていました。

こんな感じの曲ですね。

Rainbow San Juan Sunset Rio Funk It Happens Everyday ...
デイブウェックルのmasterplanを聴いて思ったことについてレビューしています。自分がドラムを真剣にやろうと思った憧れのドラマーの初のソロ作品です。1曲ごとに聴きどころを自分なりの視点でまとめています。詳しくはブログで。

自分は大学時代から始めたのもあって、やはりある程度コンプレックスをもっていました。

当時はテクニックを存分に使ったフィルインがかっこいいフィルインだとばかり思っていました。

大学卒業後に行った専門学校でも、その傾向は変わらずにどんどんテクニカル志向に走ります。

しかし、その後にちょっとした事件が起きて、テクニカルな曲を全然聴かなくなりました。

今はテクニカルだろうがグルーヴだろうが色んな音楽を聴くのですが、そこでわかったことが一つだけあります。

自分が思うかっこいいフィルインって自分が聴いたその曲のその瞬間に合ってると思ったフィルインだなって思いました。

曲に合っていればテクニカルだろうがシンプルだろうが関係ない

なので、自分がそのフィルインをかっこいいと思えばシンプルだろうがテクニカルだろうが関係ないんですよね。

人によっては32分音符で埋め尽くされたフィルインがかっこいいと思えるドラマーもいるだろうし、4拍目のウラに叩いたハイハットオープンがたまらない!って人もいると思います。

だから自分にはテクニックが無いからこんなテクニカルなフレーズなんて叩けない!って思って悲観しなくてもいいのです。

曲によっては32分で埋め尽くされたフレーズよりもあなたがここしかない!って思って繰り出したハイハットオープンの方が聴いてる人の心を突き動かす場合もあるってことを忘れないでください。

ある程度のテクニックが必要なのは事実ですが、今あなたが持ってるテクニックでどこまで曲に貢献できるかを考えるのもクリエイティブです。

ぜひ考えてみてくださいね。

本日も最後まで読んでくださいまして、ありがとうございました!

*ドラムレッスンを東京近辺で展開中!!無料レッスン受付中!!*

現在、東京都内(主に新宿、秋葉原)を中心にレッスンをしています。 レッスン形式 レッスンは貸しスタジオでのレッスンとなります。 スタジ...
スポンサーリンク

シェアする

フォローすると更新情報を見逃しません

スポンサーリンク