あなたのグルーブが前ノリか後ノリか考える前に読む話

newtons-cradle-1177291_1920

こんにちは。ドラム講師の山本哲也です。

ここは当ブログの管理人である山本哲也(やまてつ)についてのプロフィールになります。管理人がどんな人間かここで紹介しています。

先日、友人がこんなことを
言っていました。

自分は今まで後ノリのロックとかしか
聴いてなかったので自然とモタっちゃうんですよね。

自分が今まで聴いてきた音楽から考えて、
「自分は前ノリだ!」とか「自分は後ノリだ!」
とか言うドラマーは結構多いですね。

しかし、自分は自分のグルーヴが
前ノリとか後ノリとかって
あまり考えたことはありません。

もちろん音楽を聴いて、これは前ノリだ!とか
後ノリだ!って言うのはある程度わかりますが、
自分がどっちかということはあまり考えてません。

スポンサーリンク

前ノリや後ノリは無意識だからカッコいい

そもそも意識して前ノリにしたら絶対ハシるし、
意識して後ノリにしたら絶対にモタります

よく「僕は後ノリだからみんなついてきてね」
って人がいますが、そういう人に限って
バンドで合わせると絶対浮きます(笑)
レコーディングも難航します。

前ノリだとか後ノリとかは無意識だから
カッコいいし、他のパートも合わせることが
出来る
わけです。

そうは言ってもカッコいい前ノリとか
後ノリってどうすればわかるのでしょうか?

まずは自分で基準を作ることが大事

そもそもこの人は前ノリだ!とか後ノリだ!
って言えるのは自分の中で基準があるからです。

ロックは後ノリとか、ジャズは前ノリとか
漠然としたイメージはありますが、
絶対の基準というものはありません。

従って自分の中での基準が第一なので
まずはそれを作りましょう。

幸いなことに現代では「クリック」
という機械的な基準があるので、
まずはそこに合わせていきましょう。

クリックならこういう練習がオススメです。

https://tetsuyamamoto.com/metronome1/

ジャストのタイミングを身につける

前ノリか後ノリかもわからない人は
そもそもジャストのタイミングが
わからないからです。

自分の中でのジャストタイミングを身につけていれば
「これは前ノリだ!後ノリだ!」ってわかるし
練習すればある程度のコントロールも出来ます。

逆を言えばコントロールする為には
ジャストのタイミングを知らなくてはいけません。

しかし、勘違いしてほしくないのは
自分のノリを機械と一緒にしろ!というわけではなくて、
どんなにクリックに合わせようとしても、
ほんの少しハシったりモタったりする部分が
一番あなたの中で大事だってことを忘れないでくださいね。

本日も最後まで読んでくださいまして、ありがとうございました!

*ドラムレッスンを東京近辺で展開中!!無料レッスン受付中!!*

現在、東京都内(主に新宿、秋葉原)を中心にレッスンをしています。 レッスン形式 レッスンは貸しスタジオでのレッスンとなります。 スタジ...
スポンサーリンク

シェアする

フォローすると更新情報を見逃しません

スポンサーリンク