もし、あなたに憧れのミュージシャンがいれば、そのルーツを聴くべきだ

roots-227931_1920

こんにちは。テツヤマモトです。

プロフィール
ここは当ブログの管理人であるテツヤマモトについてのプロフィールになります。管理人がどんな人間かここで紹介しています。

今日は先日、友人と話してた話題について書いていければと思います。

スポンサーリンク

何故その人に憧れているのなら、その人のルーツを探らない?

あなたがミュージシャン(またはバンドマン)なら例外なく憧れのミュージシャンがいるはずです。

その人が有名だろうが無名だろうが、自分が音楽をやろうとしたきっかけの人というのは必ずいるでしょう。

もっとも自分の場合は、最初ドラムを始めたのは大学からでモテたいというのがきっかけだったんですけどね(笑)。

なので、自分の場合このドラマーのプレイがカッコいいからやり始めたってわけではないです。

後になって、デイヴ・ウェックルのプレイを見て本気でドラムをやろうと思い今に至ります。

しかし、自分がただ本当にデイヴ・ウェックルだけを追いかけていたらおそらく、今現在こうしてバンドにもサポートにもセッションにも呼ばれてるはずがなかったでしょう。

じゃあ貴方は他に色んなドラマーに浮気してたのか!

って思うかもしれませんがその通りです(笑)

その人にもルーツはある

デイヴ・ウェックルというドラマーをgoogleで検索するとほぼ必ずと言っていいほどこれが出てきます。

そうです。wikipediaです。

そこには彼の生い立ちも含めて色んなミュージシャンがつらつらと名前が書いてあります。

また雑誌のインタビューなどで自分が聴いてきた作品やドラマーが書いてある時があります。

あなたはそこに気づいてますか?

ってことです。

あなたが本当に憧れているミュージシャンがいるのであれば、

その人が聴いてきたとかその人が参加したミュージシャンの作品も聴いてきたのか?

ってことです。

以前、彼のクリニックに行って自分が質問した時も、彼はバディ・リッチやスティーヴ・ガッドを聴いて勉強したと言ってます。

つまり彼の根幹にはジャズがあります。彼のルーツはあくまでジャズなのです。

自分がジャズを聴いたきっかけもやはりウェックルからです。

自分はウェックルの根幹がジャズだってわかってから少しずつジャズを聴き始めました。

変な話ですがウェックルのプレイだけを聴いていたらプレイはコピーできたとしても、根幹が理解できないので上っ面のプレイで終わってしまってたと思います。

今となってはそんなにジャズはやらないのですが、少なくともこういう経験は「自分」というドラマーを形成するのに一役かってます。

そういった色々な経験をしてきた「自分」というドラマーに何かしらの価値がついたから今も自分はドラムを続けてこれたと思ってます。

その人に憧れてるなら、もっとさかのぼれ!

自分はこれを最近声を大に出して言いたいです。

やはり音楽が上手くなりたいのなら、もっと音楽を知らないとダメでしょう。

ただ一通りのコードプレイとソロプレイを理解してセッションやバンドをやるのも結構ですがただやってるだけじゃ上手くなりません。

バランスが大事です。

自分自身にも言えることなんですが、もっと深いところまで聴かないと理解できない境地もあるはずです。

もしあなたに憧れのミュージシャンが本当にいるならその人が聴いてきた音楽も聴くべきです。

それを知らずにその人が好きっていうのはちょっと薄いかもしれませんよ?

その人の好きな音楽やミュージシャンをあなたは本当にあげられますか?

本日も最後まで読んでくださいまして、ありがとうございました!

コメント