自信やモチベーションを保つ方法

こんにちは。ドラム講師の山本哲也です。

ここは当ブログの管理人である山本哲也(やまてつ)についてのプロフィールになります。管理人がどんな人間かここで紹介しています。

ここ2,3日でとあるプロジェクトが進んでます。

プロジェクトって言っても、そんなに大げさなものではなく、気兼ねなくやれる仲間たちとのカバーバンドの活動ですけどね。

自分の場合プロジェクトの重要度は関係なく何かの曲をカバーする場合、その曲のドラムを一度採譜します。

https://tetsuyamamoto.com/post-297/

理由は自分が忘れっぽい人間であるというのもあるのですが、もうひとつは自分の財産を作るためです。

もちろん耳コピして叩きながら体で覚えてしまうというのもアリです。

しかし、自分の場合は今までに演奏したフレーズを紙でもデータでも何かしら形で残しておきたいので頭の中だけじゃ不安なんですね。

もし、あなたが耳コピ派でもそれはいいのですが、どうせだったら何かしら見えるもので残しておきたいものです。

スポンサーリンク

積み重ねを見える化する

紙やデータなどにフレーズを残しておくと、何かの機会でそれを見た時に、

「あぁ、俺こんな曲やってたんだ!」
「昔の俺ってこんなに難しい曲やってたんだ!」

ってその時の頑張りを思い出して、
またやる気になります。

ただ単に何かの曲をコピーしたり誰かのカバーバンドに参加するだけだと、そういった努力の積み重ねっていうのはどうしても見えないものなのです。

なので突然何かの拍子で

何でこんなに頑張ってるのに俺は・・・。
どうして上手くならないんだろう?

等の現実とのギャップが生まれたときに、精神的に立ち直れなくなる可能性があります。

記録をつけてみる

自分の場合は一度そういう経験をしてきたので、それ以来メンタルを保つという意味でも何かしらの記録をつけるようにしてます。

そのために例えば日々の記録としてブログを書くとかコピーをするのであれば譜面に残しておくなど目に見えるものを残しておくといいです。

たった1小節でも何かに残すことによって後々大きな財産になりますので、是非、譜面やデータに残すことをオススメします!

ウーバーワールドの曲のドラムを採譜した譜面

ちなみに写真は今度やる曲です。シンプルだけどクセがちょっとある曲ですね。

最初はここまでじゃなくてもいいので、是非1小節だけでも、譜面に残してみましょう!

本日も最後まで読んでくださいまして、ありがとうございました!

*ドラムレッスンを東京近辺で展開中!!無料レッスン受付中!!*

現在、東京都内(主に新宿、秋葉原)を中心にレッスンをしています。 レッスン形式 レッスンは貸しスタジオでのレッスンとなります。 スタジ...
スポンサーリンク

シェアする

フォローすると更新情報を見逃しません

スポンサーリンク