耳コピで1曲を100%再現することは出来るのか?

silhouette-767992_1920

こんにちは。ドラム講師の山本哲也です。

ここは当ブログの管理人である山本哲也(やまてつ)についてのプロフィールになります。管理人がどんな人間かここで紹介しています。

最近、昔のバンドメンバーと会う機会があり
そこで話題になったことが
「完コピって存在するのか?」ということでした。

「あ、そう言えば考えたことなかったな」
と自分も思ったので、
今日はそれなりに思ったことについて
まとめてみようと思います。

スポンサーリンク

完コピの定義は人それぞれ

まず完コピの定義ですが、完コピとは
「その曲のパターンやフィルインを完璧に再現すること」
だと定義します。

自分もこの定義は間違ってないと思います。
しかし問題はその「完璧」のレベルが
違うのかなと思います。

あるドラマーにとっては、
「単にその曲のパターンを間違えないで演奏すること」
が完璧だという人もいるし、
「このAメロのこの部分のタイミングも間違えないで演奏すること」
が完璧という人もいます。

この2つの違いがあなたにわかりますか?

違いは、
「楽譜上だけで完璧を目指すドラマー」か
「楽譜にはないところまで完璧を目指すドラマー」
かのどちらかです。

もちろんどちらがより上達するかはわかりますよね?
当然後者です。

じゃその人が最終的に何をコピーしたいかというと
「そのドラマーのノリ」なわけです。

シンプルな演奏がスゴい理由

自分は学生の頃からドラムを始めたときに、
好きなドラマーがフュージョン系のドラマーばかりだったので
正直、誰でも叩けるような演奏などまるで興味が無く、
「8ビートを聴くぐらいなら6連譜を聴く」
ぐらいのテクニカル好きでした(苦笑)。

昔、組んでいたバンドでもパンクロックが大好きな
メンバーがいて、当時は全く良さが理解できませんでした。
こんな簡単な曲のどこがいいのかと。
完全にナメてますよね(苦笑)。

今、思うと随分と視野が狭かったのですが、
音楽について色んな事がわかるようになってくると
シンプルなのが本当に難しいと思います。

以前、コピーしやすい曲というのを紹介しました。

こんにちは。ドラム講師の山本哲也です。 ドラムが上達するには基礎練習なんかも大事ですが、 やはりそればっかりだと飽きてきますよね。 ...

中級者ぐらいのドラマーなら、正直な所
何回か聴けばすぐに演奏できる曲です。

だけど、単にパターンを演奏するだけなら
この曲の雰囲気は出せないしノリも出ません。

そういった意味では、この曲のパターンを叩けたという
ぐらいでは「完コピ」にはならないのです。

要は「この曲に出てくるフレーズをコピーした」
ぐらいのレベルに留まってしまうのです。

ノリをコピーしよう!と思うところから耳コピは始まる

もし、あなたが誰か大好きなドラマーがいて
その人が叩いてる曲を演奏する機会があれば、
「その人がこのパターンをどんなタイミングや
ノリでプレイしているのか」を何度も音源を聴いて
つかんでください。

パターンやフィルインなどの物理的なところは
練習すれば誰でも出来ます。

だけど、感覚的なところが本当に難しいので、
こういうシンプルな曲をやる時は常に演奏を
録音して聴いてみましょう。

そのノリをコピーしようとするところから
ある意味でコピーをし始めたと、言えるかもしれませんよ?

是非、考えてみてくださいね。

本日も最後まで読んでくださいまして、ありがとうございました!

*ドラムレッスンを東京近辺で展開中!!無料レッスン受付中!!*

現在、東京都内(主に新宿、秋葉原)を中心にレッスンをしています。 レッスン形式 レッスンは貸しスタジオでのレッスンとなります。 スタジ...
スポンサーリンク

シェアする

フォローすると更新情報を見逃しません

スポンサーリンク