スイスアーミートリプレッツとフラムタップを使った両手のウォーミングアップフレーズ

こんにちは。テツヤマモトです。

プロフィール
ここは当ブログの管理人であるテツヤマモトについてのプロフィールになります。管理人がどんな人間かここで紹介しています。

今年からルーディメンツについての記事を書いています。

内容は主にルーディメンツとルーディメンツを使った練習フレーズを書こうと思ってます。

でも練習フレーズって単に紹介するだけだとつまらないですよね?

その練習にどんな意味があるのかがわからないと練習する気になりません。

そこで、なぜその練習をやるのか?そしてその練習をどのように応用できるか?をできる限りお伝えします。

今回は手始めに前回書いたフラムタップとスイスアーミートリプレットの応用を今回まとめてみます。

それぞれのルーディメンツがわからない方は以下の記事を読んでください。

【ルーディメンツ】フラムタップ
こんにちは。テツヤマモトです。ルーディメンツ記事をどんどんやってこうと思います。前回のルーディメンツはスイスアーミートリプレッツと自分が好きなルーディメンツから始めました。で、今回も自分の好きなルーディメンツから紹介しま...
スイスアーミートリプレットを叩いてみよう
ルーディメンツのスイスアーミートリプレットを紹介しています。スイスアーミートリプレットはフラムルーディメンツの中でも比較的簡単にできるルーディメンツのひとつです。コツをつかめばスピードアップも簡単でドラムセットにも応用しやすいです。動画もあるのでぜひ練習してみましょう。
スポンサーリンク

スイスアーミートリプレッツとフラムタップを使った応用フレーズ

さて、前回紹介した2つのルーディメンツをミックスさせてみます。譜面はこのようになります。

スイスアーミートリプレットとフラムタップの譜面


手順は見ての通りです。

まずはスイスアーミートリプレッツをたたき、3拍目で左手からに切り替えます。

スイスアーミートリプレッツは本来であれば3連符で演奏するのですが、今回は16分音符の中で演奏します。

ちょっとしたポリリズムになるので、しっかりと拍のアタマを意識しないとリズムが崩れます。

切り替えの瞬間と4小節目がフラムタップになります。

スイスアーミートリプレットは左手からたたくことはあまりないので、両手のバランスを整えるのにも有効です。

この練習は昔からやってる手の練習でして、ウォーミングアップにけっこういいんですよ。

初めのうちはスイスアーミートリプレットからフラムタップに切り替えるのが難しいかと思います。

ゆっくりとやってみて徐々にスピードを上げていきましょう。

スイスアーミートリプレットとフラムタップの応用

本日も最後まで読んでくださいまして、ありがとうございました!

コメント