さらばパルス依存症!2小節クリックのありなしパターンを使って克服しよう。

こんにちは。ドラム講師の山本哲也です。

ここは当ブログの管理人である山本哲也(やまてつ)についてのプロフィールになります。管理人がどんな人間かここで紹介しています。

ドラムに限らず、楽器演奏の上達にはクリックはもはや欠かせないものとなってます。

このブログを読んでくださっている方はもうお分かりの様にクリック練習についていくつか書いてきました。

クリック練習のやり方とバリエーションについて書いています。まずはクリック練習はどうしてやらなきゃいけないのか?クリックをオモテに鳴らすだけの練習がなぜなんの意味もないのか?そして実践編ということで8分音符のウラや2拍目4拍目のいわゆるバックビートの位置。そして16分音符の4つ目として捉える練習法を動画を交えて説明しています。またクリック練習はギターやベースもやったほうが理由を最後に一言書いています。クリックにはなんとなく合わせられるが上達の実感がないというドラマーや他パートの方にもぜひ一度読んで頂けたらと思います。

単にクリックにあわせてたたくだけでは、クリック練習の効果を最大限にすることはできません。

ドラムに限らないことなんですけど、やっぱり上達するには常に何かしらの負荷をかけないといけません。

そこで今日は今まで紹介したものとはちょっと違うクリック練習法をご紹介しようと思います。

前回ご紹介したメトロノームアプリの「Tempo」を使ってやってみましょう。

スポンサーリンク

パルス依存症とは?

クリック練習は上達するには確かに欠かせないものですが、その中でもちょっとした罠があります。

それは、

「クリックが鳴っていないとリズムキープできない」

ということです。

これをパルス依存症といいますが、クリック練習をやり始めると陥りやすいものです。

そこで今回紹介するのはパルス依存症にならないように、あえてクリックが鳴らない無音の場所を作ることによって、自分でもカウントする使い方です。

当然クリックが鳴らないところは自分で4分音符をカウントしなければいけないので、非常に効果があります。

クリックが鳴らないところは自分で「1.2.3.4」と声に出しながら練習しましょう。

4/4の場合の設定の仕方

では早速設定してみましょう。

例えば、テンポ80で普通に4分音符のクリックを鳴らす場合はこのようになります。

Tempoの4分の4の画像

これだと、4分音符のクリックが常に鳴っている状態です。

ここから「最初の2小節はクリックが鳴っていて、後の2小節はクリックが鳴らない」ようにします。

手順はこうです。

  1. 練習したいテンポの半分に設定する。

    ここでは40に設定します。原曲のテンポが100なら50にすればいいですね。

  2. 真ん中の4分音符を8分音符に設定する

    これで実質テンポ80になります。
  3. 8/4に拍子を設定する

    これでテンポ80での4/4が4小節分設定できました。
  4. 最初の玉と3つ目の玉をアクセントが出るようにする

    アクセントマーク(>)を付けます。これでアタマの音が違う音になります。
  5. 最後の5つ目の玉から8つ目までを音が鳴らないようにする

    薄い丸にすると音が出ません。

ここまで設定すると、このような画面になります。

Tempoのクリックがならない設定パターンの画像

あとはこれをセットリストに入れてセーブすれば完成です。

8分音符の隣のマークをタッチすればセーブができます。

6/8の場合

応用例として6/8のパターンも作ってみましょう。いわゆるハチロクというやつです。

6/8は3連が2つともとれるし、8分音符が6個分ともとれるパターンですね。

Tempoの8分の6の画像

普通はこのようになります。

ハチロクの場合は音符は変えないので、単純に4小節分を作るだけであとは残りの2小節を鳴らないように設定する。

設定するとこのようになります。

8分の6で1小節クリックが鳴らない設定の画像

まとめ

今日はクリックのありなしパターンの作り方を紹介しました。

応用次第では変拍子もできそうですね。

あとは今まで書いてきた練習法を絡めれば、キープ力が更にあがります。

ぜひ試してみてくださいね。

本日も最後まで読んでくださいまして、ありがとうございました!

*ドラムレッスンを東京近辺で展開中!!無料レッスン受付中!!*

現在、東京都内(主に新宿、秋葉原)を中心にレッスンをしています。 レッスン形式 レッスンは貸しスタジオでのレッスンとなります。 スタジ...

本日使用したアプリはこちらからダウンロードできます。

スポンサーリンク

シェアする

フォローすると更新情報を見逃しません

スポンサーリンク