パラディドルとダブルパラディドルを3連でやってみる。

こんにちは。ドラム講師の山本哲也です。

ここは当ブログの管理人である山本哲也(やまてつ)についてのプロフィールになります。管理人がどんな人間かここで紹介しています。

前回お伝えしたパラディドルの応用は出来ましたか?

こんにちは。ドラム講師の山本哲也です。 前回紹介したパラディドルとダブルパラディドルはできましたか? 初めてルーディメン...

さて、今回はこれを少し応用させてみます。

譜面は前回のものと同じです。

3連譜の部分だけ見てください。

パラディドルとダブルパラディドルのコンビネーションの譜面

スポンサーリンク

アクセントの位置に注意

で、内容としては、前回のパラディドルのコンビネーションを3連譜でやってみる。

ただ、これだけです。

3連譜の場合、1セット完了するごとにアクセントが一つ目二つ目とズレていきます。

4分音符の感覚がしっかりとキープできないと見失ってしまいます。

特に2セット目は3連譜の2つ目にアクセントがくる形になります。

3連譜のアクセントとしては一番苦手な位置ではないでしょうか?

ちなみにこれ結構自分も最初は大変でした(笑)。

慣れないと、いつの間にアクセントがアタマに戻ってしまうんですよね。

3セット終了したら左手スタートになります。

スティックワークとリズムキープの両方を兼ね備えた練習になります。

動画も載せておきます。

慣れてきたら前回の16分音符のバージョンと組み合わせてやってみても面白いと思います。

ぜひ、挑戦してみてくださいね。

本日も最後まで読んでくださいまして、ありがとうございました!

*ドラムレッスンを東京近辺で展開中!!無料レッスン受付中!!*

現在、東京都内(主に新宿、秋葉原)を中心にレッスンをしています。 レッスン形式 レッスンは貸しスタジオでのレッスンとなります。 スタジ...

スポンサーリンク

シェアする

フォローすると更新情報を見逃しません

スポンサーリンク