ラテンジャズの名盤!ミシェルカミロのMichel Camiloを聴いてみた

ミシェル・カミロのファーストアルバム。michel camiloを聴いてみました。このドミニカ共和国出身の超絶ピアニストは昔ウェックルを追いかけていた頃によく聴いていました。ミシェル・カミロはどんな人物なのか?そしてこのピアニストのアルバムからウェックルのもう1つの魅力ラテンプレイについて書いています。ラテンジャズには興味があるけど、どっから聴いて良いのかわからないという方は一度聴いてみてくださいね。

言いたいことを言う。それだけで色んなことが進むって話

言いたいことを言うことについてこの記事では書いています。言いたいことを言えないとどうなるか?職場や学校で決まったことを後からグチグチという人の中にはどんな感情が渦巻いているのか?昔、自分の意見を言えなかった筆者がどうやって少しずつ自分の意見を言えるようになったのかその方法を書いています。自分の意見をハッキリ言えないとか、言うためにはどうすればいいのか考えている人は一度読んでみてください。

ドラムのチューニング方法をまとめたよ。これで音色に差をつけよう!

ドラマーが最も敬遠しがちなチューニングの方法について書きました。なぜドラムのチューニングは難しく考えられるのか?チューニングのコツとは?そして具体的なチューニングのやり方について書いています。チューニングの際にチューナーアプリを使うのはなぜなのか?またチューニングができた後の注意点についても書いています。自分のドラムサウンドがイマイチだなぁと思ったりこれからチューニングについて勉強したいという方がいたら少し参考になると思います。

難易度MAX!!ハイブリッドルーディメンツとは何かまとめてみた

ルーディメンツの中でも難易度の高いハイブリッドルーディメンツを紹介しています。そもそもハイブリッドルーディメンツとは何なのか?または例としてチーズなどの代表的なハイブリッドルーディメンツもいくつか紹介しています。その他にもハイブリッドルーディメンツを勉強するのにいいサイトや教則ビデオも紹介していますので、ルーディメンツは一通りできたという中級者の方からハイブリッドルーディメンツを知らない方も興味があればぜひ読んでみて下さい。

toeのFor long tomorrowを聴いてみた

toeの「for long tomorrow」を聴いた感想を書きました。toe史上2作目となるフルアルバムですが、前作以上にボーカル(コーラス?)を入れたりとバラエティあふれる曲が満載です。ドラマー視点からこれはすごいと思う曲をいくつかピックアップしてみたので興味があればぜひ読んでみてください。

定量化した目標が達成しやすいのはドラムも同じ

達成しやすい目標というのを考えたことはありますか?ここでは達成しやすい目標とそうでない目標との違いを書いています。ドラムにおいてはこの達成しやすい目標をいかに作るかがカギとなります。達成しやすい目標とは何か?定量化した目標とはどういうことなのか?またこの考えに至った神田昌典さんのある1つの本を紹介しています。いくら練習しても上達しないとかどうやって目標を設定すれば良いのか?わからない方はぜひ一度読んでみて下さい

パット・トーピー死去!改めて彼の魅力を後世のドラマーに伝えてみる

2018年2月7日。MR・BIGのドラマーであるパット・トーピーがパーキンソン病の合併症により亡くなりました。この記事では彼の功績を残すべく書いています。MR・BIGの「Addicted To That Rush」「Colorado Bulldog」「Take Cover」等の名曲から彼のプレイの凄さを分析しています。またパット・トーピーは日本のミュージシャンのサポートも数多くやっており、中でもB'zのギリギリchopでのプレイは有名です。ベタな選曲かもしれませんが、この記事でパット・トーピーの凄さが伝われば幸いです。