克服!!シングルストロークで利き腕ではない方の手を強くする練習法

こんにちは。ドラム講師の山本哲也です。

ここは当ブログの管理人である山本哲也(やまてつ)についてのプロフィールになります。管理人がどんな人間かここで紹介しています。

今日は自分がやっている
シングルストロークの練習法について
書いてみます。

ドラムにある程度慣れてくると、
テンポの速い曲をやりたくなる
時期って結構ありますよね?

実際、自分もその一人だったんですが(笑)
速い曲をやりたくても

「左手が思うように動かなくて、
シングルストロークが早く叩けない!」

って嘆いてるドラマーって結構多いかと思います。

今回紹介する練習法をしっかり継続してやれば必ずスピードアップしますので、是非やってみてください。

スポンサーリンク

片手ずつやってみる

その練習法は至ってシンプルです。
それは、

「片手ずつたたく」

これだけです。

まずは自分の限界に近いテンポに設定して、右手だけで8分音符をたたいてみます。

できる限りリラックスしつつ、
アクセントも入れずに1小節たたきます。

次に同じことを左手でやります。
それから両手で全く同じことをやります。
つまり左手は2小節たたくことになります。

これを繰り返します。
大体5分から10分くらいでいいでしょう。

注意点としては両手でたたくときに
フラムのように打点がバラけないように意識しましょう。
あくまでも同時に叩きます。

同時にたたくということは
単純ですが難しいですよ。

こんにちは。ドラム講師の山本哲也です。 今日はレッスン用の譜面を作ったり 整理したりと事務的な作業に少し 追われていました。 その中...

8分音符でも16分音符でも手の動きは同じ

両手でたたく時にバラバラになってしまうのは、
どちらかの手がそのテンポでたたけないということです。

大抵は利き腕じゃないほうがそうなります。

その場合はテンポに一度下げて、
両手の動きをチェックしましょう。
特に弱い手の方をしっかりと見てください。

左右の手が両方ともそのテンポの
8分音符をたたくことができなければ、16分音符でたたけるはずがありません。

両手で8分音符を叩こうが16分音符を叩こうが両手の動きは同じはずです。

動画を載せておきました。

自分で言うのも何ですが、
そこまで動きに違いはないはずです。

これを参考にして是非やってみてください。

本日も最後まで読んでくださいまして、ありがとうございました!

*ドラムレッスンを東京近辺で展開中!!無料レッスン受付中!!*

現在、東京都内(主に新宿、秋葉原)を中心にレッスンをしています。 レッスン形式 レッスンは貸しスタジオでのレッスンとなります。 スタジ...
スポンサーリンク

シェアする

フォローすると更新情報を見逃しません

スポンサーリンク