ミュージシャンとしての音楽性を広げるオススメの音楽の聴き方

music-633171_1920

こんにちは。テツヤマモトです。

プロフィール
ここは当ブログの管理人であるテツヤマモトについてのプロフィールになります。管理人がどんな人間かここで紹介しています。

今日は自分が音楽性を広げるためにやった音楽の聴き方をまとめてみようと思います。

スポンサーリンク

なんでも聴くって本当にそうなのか?

ドラマーとしてミュージシャンとして色んな音楽を聴くことは重要です。

自分も色んな人の話を聞いていると

「自分、音楽なら何でも聴きますよ!」

と、元気に答える人も中にはいます。

しかし、よくよく聴いてみると自分の好きなジャンルの音楽だけしか聴いてなかったり、一般の人よりも少し詳しいレベルの場合がほとんどです。

それだけでは果たしてなんでも聴くと言えるのでしょうか?

音楽には3種類の聴き方がある

自分が最近読んでるブログの中に、「kohtaro offical website」というのがあります。

その中の記事を少し抜粋すると音楽には3種類の聴き方があると書いています。

まず聴く音楽を3つに分けましょう。

1.楽しむための音楽
2.自分を鍛えるための音楽
3.リサーチのための音楽

なぜここであえて3つに分けているのかというと
全ての音楽を本気で聴こうとすればそりゃ時間なんていくらあっても足りません。
ミュージシャンである以上、少しでも多くの音楽に触れたいところですが
私たちが一生で聴ける音楽の数は限られているのもまた事実だからです。

ですので本で言うところの精読と流し読みを分けるように
音楽も楽しむための音楽と自分を鍛えるための音楽、
そしてリサーチのための音楽は分けた方がほとんどの人にとっては効率的かと思います。
もちろん時間もお金も有り余っている人にとってはその限りではありませんが。

引用:「kohtaro offical website」音楽の聴き方

これ初めて読んだ方でも何が大事なのかはもう明白ですよね?

もちろん答えは2番めの「自分を鍛えるための音楽」です。

この2番目の音楽を聞く時はハッキリ言ってそれだけに集中できる環境で聴くのが一番です。

なので部屋を締め切って聴いたり、部屋を暗くして聴くのも悪くありません。

では、この自分を鍛えるための音楽に出会うためにはどうすればいいでしょうか?

好きなドラマーのwikipediaを調べる

自分がまず一番にやったのは自分が好きなドラマーの作品から聴くということでした。

やり方はこうです。

自分はデイヴ・ウェックルが大好きだったのでまずは彼のwikipediaを調べます。

ここでディスコグラフィーを見てみます。すると10枚ぐらい作品がありますよね?

これを片っ端から聴いていきます。

ちなみに自分が最初に聴いた作品はこのアルバムです。

Dave Weckl BandのTransitionを聴いてみた
Wake Up Braziluba Like That Mild Hysteria Group Therapy Passion Crossing Paths Alegria Jus...

アルバムに参加しているミュージシャンの作品を聴く

さて、次に行うのが聴いたアルバムに参加しているミュージシャンを調べるというものです。

これはこの作品を例にとりましょう。

Dave WecklのMasterplanを聴いてみたよ。
デイブウェックルのmasterplanを聴いて思ったことについてレビューしています。自分がドラムを真剣にやろうと思った憧れのドラマーの初のソロ作品です。1曲ごとに聴きどころを自分なりの視点でまとめています。詳しくはブログで。

この作品ではチック・コリアやスティーブ・ガッドというミュージシャンがいます。

ここでチック・コリアというアーティストを調べてみるとwikipediaがあります。

で、また色んなディスコグラフィーがあるので片っ端から調べていきます。

するとさらに色んなミュージシャンが出てきます。

ドラマーで言うと、スティーヴ・ガッドがあがってきます。

以前、音源も紹介しましたね。

チックコリアの「妖精」を聴いてみた
Imp's Welcome Lenore Reverie Looking At The World Nite Sprite Soft And Gentle Pixiland Rag Le...

このように芋づる式に調べていくと、色んなミュージシャンの名前が出てくるので興味があるところから聴いていきます。

単純にこれだけやっても月に30枚位は余裕で聴くことができます。

音楽のセンスは自分を鍛える音楽でしか磨けない

こうやって聴いていくと、自然と時代を遡って聴いていくようになっていきます。

その中には自分の好きではない音楽もあるでしょう。

特に今の若いロックドラマー達から見たらジャズなんてチンプンカンプンの世界かもしれません。

しかしジャズがなかったらロックは存在してません。もっと言えばボーカロイドが歌う音楽もありません。

昔にさかのぼって初めて、「あ、このフレーズはこれを元にしたんだろうなぁ」とか色々と見えてくるものがあります。

あなたがもし音楽のセンスがないなぁって思っているなら、それは自分が好きなだけの楽しい音楽や流行り物だけしか聴かず自分を鍛えるための音楽を聴いてないだけです。

大事なのは、

自分で調べて自分の音楽性を広げていくその行動力

です。

音楽性やセンスといったものはこういった日々の努力で磨かれます。

今の時代、やろうと思えばすぐに色んなストリーミングサービスやYoutubeで調べることが出来ますので、ぜひ開拓してみてくださいね。

ちなみに自分のオススメはLINE MUSICです。その場合、LINEモバイルと一緒に申込みをするとLINE MUSICのデータ消費は一切ないのでいくらでも音楽を聴くことができます。

また月額も1200円からということでもし通信料もネックということであれば検討してもいいと思います。

本日も最後まで読んでくださいまして、ありがとうございました!

コメント