【ルーディメンツ】レッスン25

こんにちは。ドラム講師の山本哲也です。

ここは当ブログの管理人である山本哲也(やまてつ)についてのプロフィールになります。管理人がどんな人間かここで紹介しています。

前回はドラッグという
即戦力のルーディメンツを紹介しました。

まだ見てない方はぜひこちらから見てください。

こんにちは。ドラム講師の山本哲也です。 先日、大急ぎでルーディメンツの動画を撮ったので 早速あげていきたいと思います。 今回は...

さて、今回はそのドラッグを使った
発展形のルーディメンツをやってみます。
名前は「レッスン25」です。

発展形とは言っても、普段よくやるような音型に
ドラッグを付けただけのルーディメンツですので、
ドラッグがある程度出来るようになれば
すぐに出来るでしょう。

スポンサーリンク

25番目のルーディメンツだからレッスン25

さて、このルーディメンツですが
本当に25番目のルーディメンツだから
この名前がついたそうです。

譜面はこちらになります

34_lesson_25

wikipedia参照

これってよくあるフィルインに
ドラッグを付けるだけの形なんですね。

とは言っても最初はドラッグのタイミングが
とりにくいかと思います。

イメージとしては、
16分音符の4つ目がドラッグだと思って叩く
と、幾分やりやすいかと思います。
実際、自分も最初の頃はそうやっていました。

ただし、ドラッグはあくまでも装飾音符ですので、
拍のアタマよりも前に叩くことだけは意識してください。

動画は少し遅めにやっています。

基本的には左手は低いポジションを保ちます。
右手はアクセントとノンアクセントを
はっきりと区別して叩きます。

右手のノンアクセントは叩いたらすぐに
スティックを上げないとテンポが速くなった時に
アクセントが間に合わなくなります。

練習パッド(ないしはスネア)で慣れてきたら、
最後のアクセントをタムとかにもってくると
お手軽でカッコいいフィルインが出来ます。

次回以降、実際に応用したものも
やってみるので少し待っててくださいね。

本日も最後まで読んでくださいまして、ありがとうございました!

*ドラムレッスンを東京近辺で展開中!!無料レッスン受付中!!*

現在、東京都内(主に新宿、秋葉原)を中心にレッスンをしています。 レッスン形式 レッスンは貸しスタジオでのレッスンとなります。 スタジ...

スポンサーリンク

シェアする

フォローすると更新情報を見逃しません

スポンサーリンク