【ルーディメンツ】レッスン25

こんにちは。テツヤマモトです。

プロフィール
ここは当ブログの管理人であるテツヤマモトについてのプロフィールになります。管理人がどんな人間かここで紹介しています。

前回はドラッグという即戦力のルーディメンツを紹介しました。

まだ見てない方はぜひこちらから見てください。

【ルーディメンツ】ドラッグ
ルーディメンツのドラッグについて紹介しています。譜面だけではなく演奏のコツについても書いていますので、ぜひ一度読んでみてください。

さて、今回はそのドラッグを使った発展形のルーディメンツをやってみます。名前は「レッスン25」です。

発展形とは言ってもドラッグがある程度できるようになれば、レッスン25もすぐにできますよ。

スポンサーリンク

25番目のルーディメンツだからレッスン25

さて、このルーディメンツですが本当に25番目のルーディメンツだからこの名前がついたそうです。

譜面はこちらになります

34_lesson_25

wikipedia参照

これってよくあるフィルインにドラッグを付けるだけの形なんですね。

とは言っても最初はドラッグのタイミングがとりにくいかと思います。

イメージとしては、16分音符の4つ目がドラッグだと思って叩くと、やりやすいかと思います。

ただし、ドラッグはあくまでも装飾音符ですので、拍のアタマよりも前に叩くことだけは意識してください。

レッスン25をやってみた

動画は少し遅めにやっています。

基本的には左手は低いポジションを保ちます。右手はアクセントとノンアクセントをはっきりと区別して叩きます。

右手のノンアクセントは叩いたらすぐにスティックを上げないとテンポが速くなった時にアクセントが間に合わなくなります。

練習パッド(ないしはスネア)で慣れてきたら、最後のアクセントをタムとかにもってくるとお手軽でカッコいいフィルインが出来ます。

次回以降、実際に応用したものもやってみるので少し待っててくださいね。

本日も最後まで読んでくださいまして、ありがとうございました!

コメント