レッドツェッペリンのファーストアルバムを聴いてみた

71n+B00SZRL._SX522_

1.Good Times Bad Times
2.Babe I’m Gonna Leave You
3.You Shook Me
4.Dazed And Confused
5.Your Time IS Gonna Come
6.Black Mountain Side
7.Communication Breakdown
8.I Can’t Quit You Baby
9.How Many More Times

こんにちは。テツヤマモトです。

今回ご紹介するのはもう自分が語るのも、おこがましいハードロックの名盤です。

自分は「ドラマーならこれ聴いとけ!これ聴かない奴はあり得ない!」ということはあまり言わないようにしています。

ですが、今回紹介するアルバムは別ですロックドラマーならかならず聴くべきです。

なぜか?

それはレッドツェッペリン、いやジョン・ボーナムのドラムはロックドラムのお手本そのものだからです。

今でも、ふと聴きたいと思ったらちょくちょく聴いています。

スポンサーリンク

インパクト抜群のGood Times Bad Times

アルバムの冒頭を飾る記念すべき1曲目です。

この曲のハイライトといえば、何と言ってもこのリズムパターンです。

Good Times Bad Times

強烈なバスドラのダブル3連打はツーバスで演奏しているんじゃないか?と思うぐらいに速くしっかりした音色です。

当時これを聴いた自分はもちろんすぐに練習しました。

Led Zeppelin- Good Times And Bad Times

シャッフルの感覚を掴むために助けられたYou Shook Me

レッド・ツェッペリンと言ったらこれ!って名曲がいっぱい詰まったアルバムなんですが、実は個人的に3曲目の「You Shook Me」に助けられた記憶があります。

これ、シャッフルの曲なんですけど当時シャッフルの感覚が全くなくて、本当に悩んだ時期がありました。

その中でひょんなことからシャッフルの曲をやる機会があって、「うーわ!どうしよう!?」みたいな感情になったのを覚えてます(笑)

その当時、この曲に出逢って、とにかく曲に合わせて基本的なパターンばっかり演奏してました。

今聴いてみると、ちゃんとしたシャッフルじゃなくて少し引きずるような感じのシャッフルなんですけど、シャッフルの感覚を覚えるのには本当に助けられた曲でした。

もしシャッフルができない!とか3連がわからない!ってドラマーがいらっしゃればぜひ聴いてみてください。何かがつかめるかと思います。

まとめ

というわけで、今日は偉大なロックドラマー。ジョン・ボーナムの素晴らしい演奏が聴けるレッド・ツェッペリンのファーストアルバムを紹介しました。

ロックドラムを志すドラマーならぜひ一度聴いてみてください。

多分、世界が変わるかもしれませんよ。

本日も最後まで読んでくださいまして、ありがとうございました!

コメント