スタジオで個人練習の際は広い部屋にすべき理由を書いてみた

こんにちは。ドラム講師の山本哲也です。

ここは当ブログの管理人である山本哲也(やまてつ)についてのプロフィールになります。管理人がどんな人間かここで紹介しています。

このブログを読んでいるあなたも限られた時間を使って、スタジオで個人練習に入ってると思います。

ところで、個人練習の時はどんな部屋を使ってますか?

お金がないし、どうせ一人で練習しているから狭い部屋だよ

って考えてますよね。

自分も昔はそうでした。

でも、最近広い部屋の方を使うようにしています。

確かに一人で20から30畳ぐらいの部屋で個人練習してると、なんとなく落ち着かないしお金も少しはかかります。

しかし、実は狭い部屋で練習するようにも大きなメリットがあることに気づきました。

今日は最近自分が広い部屋で個人練習することによって気づいたメリットを書いていきます。

スポンサーリンク

空きが多い

さっきも書いたとおり、広い部屋は狭い部屋に比べて値段が高いです。

なので、その分必然的に空いてる傾向があり個人練習が取りやすいんですよ。

場所によっては前日でも空いているので、比較的予約も取りやすいでしょう。

それに個人練習であれば、値段も2~300円ぐらいしか変わらないので、実はかなりお得です。

動画を撮るときに色んな角度から撮れる

これはYouTubeを撮っている人には分かる話なんですけども、やっぱり広い部屋の方がいろんな角度で動画を撮影できるんですよね。

狭い部屋だと、どうしても撮れるアングルも限られるので満足した動画が撮影しにくいんですよね。

自分は最近YouTube頑張っているので、どんなアングルからも撮れるように広い部屋を使うようにしています。

機材がいい

これは場所にもよるんですが、広い部屋の方が置いてあるドラムセットが豪華な場合があります。

大抵はパールの普通のドラムセット(もちろんパールをバカにしているわけではありません)が置いてあるんですけども、場所によってはグレッチなどの普段お目にかかれないドラムセットを叩くことができます。

やっぱり耳を鍛えるためには良い楽器の音を知ることが一番ですからね。

一度スタジオのパンフレットやホームページを調べてみましょう。広い部屋の方がいいドラムセットを使っている場合が多いです。

ちなみに、自分がよく使っているNODEさんだと多点キットが置いてありました。

こんにちは。ドラム講師の山本哲也です。 ドラムほど個人練習に困る楽器というのは中々ないですよね? 今は消音性の優れた練習パッドの存在だっ...

お金はかかるが、メリットだらけ

確かに大抵のスタジオの個人練習は500円から600円ぐらいで済むので、わざわざ広い部屋にする意味あるかなぁって最初は思います。

それを広いスタジオである場合は800円。下手したら1000円かかる可能性もありますからね。

例えば週に3回スタジオで個人練習入る場合は 安い部屋だと1500円から2000円。月で言えば1万円近くになります。

それを広い部屋にすると 2000円から3000円。月に換算したら12000円ぐらいかかります。

この2~3000円を会社やバイト先の飲み会とかにかけるぐらいなら、自分は割に合う投資だと思ってます。

あとやっぱり広いスタジオで練習した方が 気持ちいいんですよね。 思いっきり音も出せますので勢いよく叩けます。

だまされたと思って、ぜひ個人練習の際には一度広い部屋を試してみてください。

本日も最後まで読んでくださいまして、ありがとうございました!

*ドラムレッスンを東京近辺で展開中!!無料レッスン受付中!!*

現在、東京都内(主に新宿、秋葉原)を中心にレッスンをしています。 レッスン形式 レッスンは貸しスタジオでのレッスンとなります。 スタジ...
スポンサーリンク

シェアする

フォローすると更新情報を見逃しません

スポンサーリンク