楽器の練習が続かないと嘆く初心者ドラマーに伝えたいこと。

続けるか、続けないか

Gerd AltmannによるPixabayからの画像

こんにちは。ドラム講師の山本哲也です。

ここは当ブログの管理人である山本哲也(やまてつ)についてのプロフィールになります。管理人がどんな人間かここで紹介しています。

ドラムでもなんでもそうなんですが、毎日何かしら練習していると突然やりたくなくなる時があります。

あなたにもそんな経験がありますか?

もちろん自分もあります。

突然やりたくなくなるのは、目的がハッキリしなくなるからです。

当ブログは

どうしてこの練習が必要なのか?そして一体どういった効果があるのか?

というのを自分自身の経験を通じて、この記事を読んでいるあなたにもわかりやすく書いているつもりではあります。

ただそうは言っても、練習が途中で飽きてしまったり他人にとやかく言われて別の関係のない練習をしてしまうことも結構あります。

そこで今回はそんなときにどうすれば今やってる練習を持続することができるのかを考えてみました。

どんな練習をしていいのかわからない初心者ドラマーや、最近ドラム熱が下がってきたんだよねって思うドラマーはぜひ一度読んでみてください。

スポンサーリンク

自分がどうなりたいか?を紙に書いてみる

練習を持続させる方法の一つはただ一つ。

まずは「自分がどうなりたいか?」を紙に書いてみましょう。

抽象的な目標から具体的な目標へと書いていく

最初は「〇〇みたいなドラマーになりたい」等、抽象的な目標から書いていきます。

例えば、「マイク・ポートノイみたいなドラマーになりたい」という目標があるとすると、彼のプレイの特徴から考えて

  • ツーバスプレイをできるようにする
  • 変拍子に対応できるようにする
  • 楽器(シンバルやタム)を増やす

等、課題がざっくり出てきます。

ただ、これだけだとまだ抽象的ですね。

ツーバスプレイや変拍子にもいろんなものがありますので「ツーバスプレイをできるようにする」から更に掘り下げてみましょう。

すると、

  • 16分音符のツーバスを踏めるようにする
  • 3連符のツーバスを踏めるようにする
  • ツーバスを絡めたフィルインをたたけるようにする

など、段々と課題がハッキリしてきます。

これを繰り返します。

もちろん、できる範囲で構いません。

限界まで掘り下げた結果、自分がやらないきゃいけないとかやりたいと思った練習を続けてみましょう。

具体的な練習はシンプルで退屈なものになる

掘り下げた結果、出てきた練習の中にはやりたくないけどやらなきゃいけない練習も中には出てきます。

極端な話、掘り下げた結果シングルストロークだけ練習しようってことになるかもしれません。

でも仮にシングルストロークだけになったとしても、それはよくあることです。

なぜならシングルストロークを叩いてみるという課題一つとってみても、

  • スティックの軌道の確認
  • フォームの確認
  • リバウンドコントロール

等、確認することはいくらでも出てきます。

しかし、それを確認しなきゃいけないって気づけるようになっただけでもあなたは大きく上達しています。

練習の成果はちょっとやそっとでは現れない

ここからは厳しいことを書いていきます。

最低1ヶ月は続ける

まず練習はたかが2,3日だけやったのでは成果は出ません。

最低でも1ヶ月くらいは続けてみましょう。どんなに退屈な練習であってもです。

逆を言うと、1ヶ月続いただけでもあなたは他のドラマーよりも抜きん出ています。

もちろん、毎日練習するに越したことはありませんが学業や仕事もあるので練習できない日もでてくるでしょう。

それでも、自分がやりたいとかやらなきゃいけないって思った練習をあなたの血肉となり財産となります。

仮に全然効果がなかったらまたそれはそれで考えればいいだけです。

客観的に自分のプレイを聴いてみる

また練習中はできることなら、自分のプレイを録音して聴いてみましょう。

できることなら録画してみましょう。

客観的に見ることによって、また気づくことも出てきます。

こんにちは。ドラム講師の山本哲也です。 今日は初心者向けの記事になります。 あなたもバンド練習や個人練習で近所のスタジオ...

まとめ

いかがでしょうか。

今日は練習を継続するために、まずは目的をハッキリさせようという趣旨で書いてみました。

ぜひ一度試してみてください。

本日も最後まで読んでくださいまして、ありがとうございました!

*ドラムレッスンを東京近辺で展開中!!無料レッスン受付中!!*

現在、東京都内(主に新宿、秋葉原)を中心にレッスンをしています。 レッスン形式 レッスンは貸しスタジオでのレッスンとなります。 スタジ...
スポンサーリンク

シェアする

フォローすると更新情報を見逃しません

スポンサーリンク