ハイブリッドルーディメンツについてまとめてみた【難易度高い】

マーチングバンド

こんにちは。テツヤマモトです。

ドラムの基礎練習と言えば、ルーディメンツですよね。

このブログでいくつか紹介してきたルーディメンツはPASルーディメンツと言い、40個あります。

しかし、現代ではその40のルーディメンツ以外にもあるのはご存知でしょうか?

今回、その40個以外のルーディメンツ。ハイブリッドルーディメンツを紹介します。

  • 普通のルーディメンツに飽きた中級者以上のドラマー
  • 名前は聞いたことはあるけど、実際ハイブリッドルーディメンツってどうなの?

という方はぜひ読んでみて下さい。

スポンサーリンク

ハイブリッドルーディメンツとは?

まずは、そもそもハイブリッドルーディメンツとは何なのか?を説明します。

ハイブリッドは英語でhybridと書きます。

辞書には「雑種」や「混成物」という意味があります。

ここでは混ぜものという意味が一番近いかなと思います。

つまり、ハイブリッドルーディメンツとはルーディメンツが複数混ざったものになります。

より複雑なスティッキングを要求されるルーディメンツとも言えます。

ハイブリッドルーディメンツの代表例

ハイブリッドルーディメンツはマーチングの世界では一般的ですが、ドラムセットの世界ではまだまだ発展途上です。

ここでは代表的なハイブリッドルーディメンツをあげてみます。

チーズ(Cheeze)

ハイブリッドルーディメンツと言えばこれ!と言われるくらいに有名なのがこのチーズです。

Hybrid Rudiment: Cheese / Vic Firth Educational Series

簡単に言うとフラムの本音符をダブルストロークにします。

本音符の一打目はアクセントなので、手の動きがちょうどシングルドラガディドルと同じですね。

ですので、チーズとはフラムとシングルドラガディドルが混ざったルーディメンツと言えます。

ちなみにハイブリッドルーディメンツは、このチーズを中心に発展させたものも多くあります。

なので、ハイブリッドルーディメンツをまずチーズから練習しましょう。

シングルバック(Single Back)

さっきハイブリッドルーディメンツは複雑なスティッキングを要求されると書きました。

しかし、シンプルな動きでもそれが極限にまで早いとハイブリッドルーディメンツになるという例もあります。

それがこのシングルバックです。

Hybrid Rudiment: Single Back / Vic Firth Educational Serieshybrids singlebackHQ

手順はRLR・LRLとシンプルですが、これがとてつもなく速い(笑)!!

シンプルかつ難しいパターンです。

ちなみにこれシングルストロークだと思ってやると難しいんですよね。

実際にやってみると、ダブルストロークを叩いた後に振り上げる動作で1つ音を出すという感覚が近いかもしれません。

ヘルタ(Herta)

ハイブリッドルーディメンツって練習してもドラムセットに応用できないじゃん!

って方が結構多いかと思うので、応用しやすいものを選んでみました。

それがこのヘルタです。

Hybrid Rudiment: Herta / Vic Firth Educational Series

これは簡単ですよね(笑)

こうした特定の手順自体をハイブリッドルーディメンツと呼ぶ場合もあります。

もっとハイブリッドルーディメンツを練習したいのなら?

ハイブリッドルーディメンツは他にも色々あります。

ざっくりですが、100種類以上あるんですよ。

なので、もっとハイブリッドルーディメンツを練習したいとか研究したいのであれば、こんなサイトがあります。

Vic Firth

Vic Firthというドラムスティックのメーカーのサイトは教則的なコンテンツを数多く揃えており、ハイブリッドルーディメンツのコンテンツも充実しています。

今回紹介したハイブリッドルーディメンツ以外にもあります。

簡単なものからかなり難しいものまであるので、一度確認してみましょう。

Vic Firthのサイト

ラリーフィンの「ハイブリッドルーディメンツ」

ハイブリッドルーディメンツができたとしても、実際にどうやってドラムセット上で応用すればいいのか最初は検討もつきませんよね。

そこで紹介したいのが、このラリーフィンのハイブリッドルーディメンツというDVDです。

このDVDは54種類のハイブリッドルーディメンツを紹介しています。

個人的には最初のフラム系だけでもうお腹いっぱいですが(笑)、ひとつひとつ丁寧に解説してくれています。

その上で実際にドラムセット上でどう応用するのかを披露してくれます。

最近はこうした教則DVDもAmazonプライムで視聴ができます。

登録後30日間は無料なので、レンタルして見るだけという方はこちらのほうがいいでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ハイブリッドルーディメンツは難しいですが、ぜひ一度挑戦してみましょう。

きっと新たな刺激がありますよ。

本日も最後まで読んでくださいまして、ありがとうございました!

コメント

  1. goyoushine より:

    ■『難易度が高い』は無意味な表現
    http://hfy.cocolog-nifty.com/notes/2013/12/post-99ad.html

    自然に解釈すれば,「難易度」は「難度および易度」である.
    (【注意】「易度」ということばは辞書には載っていない).

    だから,「難易度が高い」は「難度および易度が高い」となり,
    難しいのか易しいのか分からない!難易度は高くも低くもなれないのだ.
    分かりにくいと感じる人も多いと思うので,別のことばに置き換えてみよう.

    「高度1万メートル」などで使われる「高度」について考えよう.
    高度は高さの度合いである.

    字面だけから考えれば,高度の対義語は「低度」であるから,
    「高度および低度」を「高低度」と表わすことも可能だろう
    (【注意】「低度」は辞書に載っているが意味が異なる.ここで考えている「低度」は辞書に載っていない).

    「難易度が高い」に対応する「高低度が高い」は意味をなすだろうか?
    これが意味をなさないことは理解しやすいだろう.
    つまり,「難易度が高い」は「高低度が高い」というのと同じように無意味なのだ.

    高低を用いて意味のある表現は,「高低度」ではなく「高低差」である.
    (一般には用いられない)難易を用いて意味のあるのは「難易度」ではなく「難易差」だろう.

    ■「難易度」が高い又は低いと表現する人がいますが、
    正しくは「難度」が高い又は低いと表現すべきではないでしょうか
    http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1211836677

    ベストアンサーに選ばれた回答
    「難度」が適切です。
    「難易度が高い」という表現では、「むずかしさ」も「やさしさ」も高いことになってしまいます。
    したがって、「むずかしい」ことを表現する言葉としては明らかな誤用です。

    「難易度」は、あくまでも「やさしいか、むずかしいかの度合い」です。
    辞書によっては、この言葉がのっていません。

    体操、フィギュアスケート、チアリーディング、エアロビなどの演技主体の競技をNHKが中継するとき、
    以前は多くの解説者(各競技の出身者)が「難易度が高い」を連発していました。
    それだけ、当たり前に「難易度」の誤用があったのですね。
    しかし最近はNHKのほうで修正を求めたようで、「難度が高い」が普通になってきました。

    ■日本語現場検証VOL.1「難易度?難度じゃないの?」〜雰囲気言葉〜
    http://www.tv-asahi.co.jp/announcer/nihongo/genba/01.html