ドラムチューニングアプリ「DrumtunePRO」を実際に使ってみたら、メリットが計り知れなかった。


こんにちは。ドラム講師の山本哲也です。

ここは当ブログの管理人である山本哲也(やまてつ)についてのプロフィールになります。管理人がどんな人間かここで紹介しています。

ドラムにおいて最も頭を悩ませるのがチューニングです。

ギターやベースにおいては必須なのに、なぜかドラムにおいてはあまり重視はされません。

それはドラムにおけるチューニングには正解がないからです。

また初めてやる場合には、本当にこれでいいのか確信がないからです。

そうは言ってもやはりいい音でドラムはたたきたいですよね?

そこで今回ドラムのチューニングアプリ「DrumtunePRO」を紹介します。

これを使えばいつもよりチューニングが楽になるので、これからチューニングも少しやってみたいとか、どうすればもっとチューニングが良くなるのか知りたい方はぜひ読んでみて下さい。

ですが、そもそもチューニングのやり方がわからなければまずはこちらの記事を読んでからに読みましょう。

ドラマーが最も敬遠しがちなチューニングの方法について書きました。なぜドラムのチューニングは難しく考えられるのか?チューニングのコツとは?そして具体的なチューニングのやり方について書いています。チューニングの際にチューナーアプリを使うのはなぜなのか?またチューニングができた後の注意点についても書いています。自分のドラムサウンドがイマイチだなぁと思ったりこれからチューニングについて勉強したいという方がいたら少し参考になると思います。
スポンサーリンク

DrumtunePROとは?

DrumtunePROは2013年からリリースされている有料のドラムチューニングアプリです。

iPhoneとAndroidの両方に対応しています。

ドラムチューナーって昔のものだと正直ちょっと高いんですよね。

TAMAで出してるテンションウオッチがありましたがどちらも値段が高い上に後者にいたってはアナログなので正確な数値を出すというのができませんでした。

しかし、このDrumtunePROはスマホのマイクで音を拾うだけで正確な周波数や音程を手軽に出すことができるので、簡単にチューニングすることができます

DrumtunePROの使い方

使い方は簡単です。

まずは最初にこのような画面が出てきます。

drumtuneproの最初の画面

次にドラムを叩いてスマホのマイクで音を拾います。

するとこのように周波数と音程が出るのでそれを確認します。

drumtuneproの周波数表示

音程が決まったら真ん中の「Lock Target?」の文字の隣に○があるので、それをタッチします。

すると音程が固定されるので、あとはそれぞれのテンションボルト付近の音程を合わせます。

drumtuneproの周波数が違う場合の表示例

音程がズレていれば、このように+や-の表記が出るので締めたり緩めたりします。

drumtuneproの周波数がほぼ一定の場合の表示例

ある程度整ってくれば、数字が0になったり色が緑に変わっていきます。

テンションボルトの回す順番や音程の関係も収録

初めてチューニングする時ってボルトの数によってどのような順番で回したほうがいいか?わからない場合もあります。

その際はどういう順番でテンションボルトを回せばいいのか?そのパターンも収録しています。

drumtunepro収録のラグパターン
drumtunepro収録の8ラグのパターン

一般的なスネアの8テンションの場合はこのような感じで表記されています。

とてもわかりやすいですよね。

drumtunepro収録の音程の関係
またドラマーにとってありがたいのは音程の関係も収録しています。たとえば3度やオクターブで合わせたいのであればぜひ参考になりますよ。

またわからないことがあれば、マニュアルもついています。PDFでダウンロード可能なので至れり尽くせりですね。

唯一の難点は全て英語表記ということですが感覚的に使うことができます。

DrumtunePROを使い始めてから気づいたメリット

このアプリを使いはじめてから気づいたメリットがいくつかあります。

チューニングの記録をとることができる

まず最初のメリットはリハでその日に行ったチューニングの記録をとることができるようになったことです。

今までは自分の耳だけを頼りにする、感覚的なチューニングしかできませんでした。

もちろんそれが全然悪いことではないし、本当はアーティストとしてはある程度耳を鍛えるべきでしょう。

しかし、加齢や難聴で特定の周波数が聴こえづらくなることもありますし、自分の体調次第で聴こえ方はいくらでも変わります

ですので、個人的には自分の感覚値だけでチューニングをするというのは少し危険だと思っています。

ちなみに難聴についてはこちらの記事で詳しく書いています。

ドラムはとても音量の大きい楽器です。それゆえ心配なのが耳。すなわち難聴です。ここでは音楽で起こりうる難聴対策についてまとめています。音響外傷とは?また騒音性難聴とは?そして難聴を予防するためにできることを3つにまとめて書いています。難聴対策としてのヘッドホンとイヤホンの使い方やオススメの機種。そして耳栓の効果。さらには難聴に効果のある意外な食べ物も紹介しています。

楽器それぞれの適したチューニングがわかるようになる

楽器にはそれぞれ適したチューニングあります。

それがわかると、例えばこのスネアはローチューニングで使おうとかハイピッチで使おうとか判断できるようになります。

また個々の楽器だけでなく、他の楽器との関連もわかるようになります。

例えば、スネアがこの音程ならバスドラムはこの音程でいこうと考えることもできます。

楽器間の音程差はどれくらいがいいのか?はまだ試行錯誤中です。

ですが、あまりにも音程差の外れたドラムセットはトータルで聴いたらいい音とは言えないでしょう。

こう考えていくと、昔メーザーでやった音楽理論をもう少し真面目にやればよかった!と、後悔でしかありません(汗)

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回紹介したアプリ「Drumtune PRO」はこちらからダウンロードできます。

iOS版はこちらから

Android版はこちらから

本日も最後まで読んでくださいまして、ありがとうございました!

*ドラムレッスンを東京近辺で展開中!!無料レッスン受付中!!*

現在、東京都内(主に新宿、秋葉原)を中心にレッスンをしています。 レッスン形式 レッスンは貸しスタジオでのレッスンとなります。 スタジ...
スポンサーリンク

シェアする

フォローすると更新情報を見逃しません

スポンサーリンク