ロッズは音量にうるさいドラマーにオススメだよ

こんにちは。テツヤマモト(@tetsuyamamoto01)です。

プロフィール
ここは当ブログの管理人であるテツヤマモトについてのプロフィールになります。管理人がどんな人間かここで紹介しています。
プロマークのホットロッズの画像

最近、バンドで「とうとう使うときが来たか!」と思いロッズを買いました。

ある曲を練習してたら、どうもスティックで演奏するとうるさく感じちゃうんですよ。

かといって、ブラシだと今度は音量が小さすぎて意味ないですし。

そこで、目をつけたのがロッズです。

今日はロッズって何かを書いてみます。

  • バラード曲をスティックで叩くとうるさく感じる
  • アコースティックバンドを組んでる
  • 音量コントロールをスティックでやるには限界がある

という方はぜひ一度読んでみてください。

スポンサーリンク

そもそもロッズとは?

ロッズとは写真のように竹ひごの様な細いスティックをテープで何本かに束ねたものです。

ドラムスティックと違い、先端とグリップ側をテープで止めているだけなのでスティックより多少しなりがあります。

なので、最初は違和感を覚えますが、プレイしているうちに慣れてきます。

また竹ひごを束ねたものだけでなく、プラスチックを束ねたものもあります。

ドラムスティックとロッズの違い

ドラムスティックとロッズの決定的な違いは音量です。

アコースティックバンドをやっているとドラムスティックでたたくには大きすぎるけど、ブラシでやるには小さすぎるという機会があると思います。

スティックとブラシの中間の音量がほしい場合に、ロッズはとても重宝します。

ぜひ一本はもっておきたいものです。

本日も最後まで読んでくださいまして、ありがとうございました!

PROMARK プロマーク

コメント