toeのFor long tomorrowを聴いてみた

  1. ここには何もかもがあるし、何もかもがない
  2. ショウシツ点よ笛
  3. after image
  4. エソテリック
  5. say it ain’t so
  6. two moons
  7. モスキートンはもう聞こえない#1
  8. モスキートンはもう聞こえない#2
  9. ラストナイト-album version-
  10. グッドバイ-album version-
  11. you go
  12. our next movement
  13. long tomorrow

こんにちは。ドラム講師の山本哲也です。

ここは当ブログの管理人である山本哲也(やまてつ)についてのプロフィールになります。管理人がどんな人間かここで紹介しています。

相変わらず柏倉さん大好きの自分ですが、また最近彼のプレイをちゃんと聴き直しています。

中でもtoeでのプレイは柏倉さんのアイディアがふんだんに盛り込まれているので、とても参考になります。

そこで今日はtoeのフルアルバム2作目となる「For long tomorrow」を紹介します。

全体的にすごくいいアルバムですが、今回はこれぞ!という曲を自分の独断で選んでみました。

前回とは違ってボーカル(コーラス?)等入れた楽曲も見受けられ、バラエティー溢れる作品となっています。

toeは好きだけどインストばかりだとちょっとなぁという方はこちらの作品からぜひ聴いてみて下さい。

スポンサーリンク

For long tomorrowの聴きどころ

前作とは違って、ファンクやラテンやジャズなど柏倉さんの影響が色濃く見られるアルバムなのかなと思います。陳腐な表現ですが、とにかく懐の深いドラマーなんだと改めて痛感します。

ここでは何曲か聴きどころを紹介します。

ショウシツ点よ笛

1曲目の「ここには何もかもがあるし、何もかもがない」はSEなので、実質1曲目がこの「ショウシツ点よ笛」になります。

アルバムの初めを飾るこの曲では柏倉さんの高度なファンクパターンが聴けます。

基本的には2小節パターンで形成されているこの曲ですが、随所にこれぞ柏倉!と言わんばかりのフィルインが聴けます。

リズムパターンの引き出しやリズムソロに挑戦してみたいという方にはぜひ参考になるプレイですね。

エソテリック

toeの中でもちょっと激しめのプレイが聴けるのがこの「エソテリック」です。

これも意味がよくわからないタイトルですが、調べてみたところ「秘伝的」とか「奥義的」という意味があるらしいです。

ちなみに英語で書くと、esotericと書きます。

そんな曲ですが、この曲のはじめにはちょっとしたドラムソロも聴くことができます。

それ以外の基本的なリズムパターンは一聴すると難しそうですが、パラディドルを元に構築されたパターンなのでコピーしやすいでしょう。

Two Moons

個人的に好きなのが、この「Two Moons」でのゆったりしてる中での高速リズムパターンです。

前作の「メトロノーム」という曲もそうなんですが、ゆったりした曲調だからドラムもスローなのかなと思わせての疾走感あふれるパターンはいい意味で裏切ってくれます。

こういったプレイが思いつくのがまさに柏倉さんのセンスの良さなんでしょう。

一体どうしたらこういう考えに行きつくのでしょうね(笑)

モスキートンはもう聞こえない

2部構成の「モスキートンはもう聞こえない」では柏倉流の4ビートを聴くことができます。

きれいなギターの音色とともに繰り広げられる高速4ビートはとにかくカッコイイ!の一言です。

構築されたパターンではなく、完全に即興(ジャズだから当たり前なのですが)で繰り広げられています。

柏倉さんの反応の良さやハイテクニックぶりを痛感する曲ですね。

まとめ

他にも紹介したい曲があるんですが、これくらいにします。

ぜひ一度聴いてみて下さい。

本日も最後まで読んでくださいまして、ありがとうございました!

*ドラムレッスンを東京近辺で展開中!!無料レッスン受付中!!*

現在、東京都内(主に新宿、秋葉原)を中心にレッスンをしています。 レッスン形式 レッスンは貸しスタジオでのレッスンとなります。 スタジ...
スポンサーリンク

シェアする

フォローすると更新情報を見逃しません

スポンサーリンク