【ルーディメンツ】フラマキュー

こんにちは。ドラム講師の山本哲也です。

ここは当ブログの管理人である山本哲也(やまてつ)についてのプロフィールになります。管理人がどんな人間かここで紹介しています。

今日もまたまたルーディメンツについて
書いていこうと思います。

動画について言えば、自分の場合は空いている時間に
少しずつまとめて撮っているので、
ちょくちょく更新する様になっているのですが、
完成したら応用フレーズなんかもやっていければと
思います。

で、今回のルーディメンツはドラムセット単体では
あまり使うことはないものですが、
マーチングやドラムコーなんかではよく使う
つなぎの様なルーディメンツです。

とは言え、慣れないと難しい動きではありますし、
ルーディメンツは出来るに越したことはないので
やってみましょうね。

では譜面はこちらになります。

23_flamacue

wikipedia参照

スポンサーリンク

アップストロークがカギ。フラムにも注意

で、このルーディメンツの特徴は
フラムにアクセントがついておらず、次の音符に
アクセントがついているところです。

2打目は前打音と同じ手で叩かなければいけないので、
必然的にアップストロークになります

このアップストロークがカギになってきます。
テンポが速くなってくると、このアクセントと
フラムの音量が曖昧になってくるので、
しっかりとアップストロークをやっていきます。

また意外と盲点なのが、最後のフラムです。
このフラムにもアクセントはついていないので、
あまり強く叩かないようにしましょう。

フラムになるとどうしても強く叩きたくなると
思いますし、気持ちはわかりますがそこは
グッとこらえましょう(苦笑)

動画も一応載せました。
自分の場合はアクセントを叩くときは、
一瞬肘を横に広げてすぐに閉じるように
叩いています。

動画を参考に是非やってみてくださいね。

本日も最後まで読んでくださいまして、ありがとうございました!

*ドラムレッスンを東京近辺で展開中!!無料レッスン受付中!!*

現在、東京都内(主に新宿、秋葉原)を中心にレッスンをしています。 レッスン形式 レッスンは貸しスタジオでのレッスンとなります。 スタジ...
スポンサーリンク

シェアする

フォローすると更新情報を見逃しません

スポンサーリンク